夏糸を編むときに

とにかく暑い日が続いています。毎日35度を越える気温、そして照りつける太陽に当たると体の中に熱が蓄熱されていくような暑さです。こんなときに編み物なんて、と思いながらも、どこに行ってもガンガンにかかっているエアコンに体が冷えてしまうのでショールは本当に必需品です。

しかし、ウールだと汗とまみれてベタベタしかねないので、こんなときには、こんなときにはコットン、リネン、ヘンプ、シルク混紡などの糸を選ぶんです。

コットンの糸はすべりやすく、編むときに金属の針を使うと目が滑り落ちないようにぐっと抑えつけるのか両方の親指が痛くなってしまうので、できるだけ竹の針を使うようにしています。ときどき、竹針が出払っているときには仕方なく金属を使いますが。

リネンの糸はごわついているものがありますよね。ごわごわしていると編んだ目がどうもそろわずイヤーな気になりがちです。そんなときには一回糸を水通しすることをお勧めします。ボールに巻いてあるものをわざわざカセにするのも面倒くさい、という気持ちにもなりますけれど、水通しをすることで糸が柔らかくなり編み目がきれいになります。

ヘンプも同じですね。編んでいるときは固そうに感じても水通しをすると柔らかくなり肌さわりもいいのでお勧めです。

シルクは別に編みにくいこともないのでそのまま編んでしまいます。手に汗を握っているとき(?)はすべりがわるくなりますね。落ちつして編みましょう(笑)

明日、ショールを編み始めようと今日、糸を巻きました。シルクと植物の繊維の混紡です。これは糸がすべりやすいので、もちろん竹針を探します。パターンはまだ決まっていません。これから悩みます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中