紡いだ糸で編んだショール完成しました

まだまだ太い糸しか紡げませんが、それでも、なんとかショールを編めるくらいの細さ(太さ?)になってきました。選んだパターンはFrench Cancan (前にもちらっと記事にしましたよね)。それが完成しました。ぜひ、みてください。

IMG_2613

ファイバーはBFL(Bluefaced Leicester) 柔らかくて暖かくて編んでいる最中はホコホコしていましたが、急に気温が上がってしまい身に纏えないのが残念!

IMG_2618

飛行機の中でもせっせと編んで、結局滞在先のホテルでブロックすることに。一晩、バスタブにバスタオルをひいてその上にできるだけ平らにショールを広げました。次の朝、籐の椅子を三つ並べてその上にバスタオルを乗せその上にショールをのせて乾かしました。

IMG_2614

ハウスキーパーの方が気を利かせて天井のファンを回していってくれました。

IMG_2623

冬になったら活躍しそうなショールです。このパターン、いいですよ。サイズの調整も簡単にできます。ということはいろいろな太さの糸で編めるということですよね。そして、この糸、編みやすかったです。BFLの糸は光沢もあり柔らかいし、冬用の衣類、ショールなどを編むのに私にとって最高の糸でした。羊さんに感謝です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中