今日はコットンの話

夏も近づいているのでコットンでサマーセーターを編もうかと思いつきました。あまりコットンのセーターは好きではないし、編むのもウールの方がずっと手が楽なのでコットンから離れていました。とはいえ、この季節になると心が動きます。

家の近くには毛糸屋さんがないので、シカゴに行ったり旅行に行かない限り、突然「この糸が欲しい!」と思ったらオンラインで頼むことが多くなります。試しにコットンの糸を3種類オーダーしてみました。触り心地の違うこと違うこと。おどろきです。太さはどれもDK ですから、針は4ミリくらいが適しているようです。

右下の薄いピンクがDebbi Bliss, 左の白い糸がエジプト綿。そして右上がpima fine です。

右下の薄いピンクがDebbi Bliss, 左の白い糸がエジプト綿。そして右上がpima fine です。

一つはDebbi Bliss Organic Cotton 太めですが、柔らかいことはプラスです。しかし、糸をよってあるというよりも平面で細い糸が幾つも並んでいると行った糸なので全ての糸を針にかけて編まないと悲惨なことになります。間違えたりすると治しにくいのも難点です。

次にSublime Egyptian Cotton  エジプト綿なので、柔らかな、と期待していましたが、今のところ外れています。水通しをしたらいいのかもしれませんが、編んでいる感じはまるでナイロンのロープの細い糸みたい。硬くて目を揃えるためにはしっかり糸を引っ張らなくてはならないので手が痛くなります。

写真がぼけてしまいましたが

写真がぼけてしまいましたが

もう一つがCascade Ultra Pima fine. 太さは3つの中で中間でしょうか。これも数本の糸がでよられています。Debbi Bliss Organic Cotton と似た感触ですが、こちらの方が撚りがちゃんとあるようなので、糸がバラバラすることはすくないかもしれません。

やはり手にとって触ってみて買うのが一番ですね。量は買わなかったので子供用の帽子など編んで終わらせようと思います。

日本でPuppy Sea Island Cotton を割引で買ってきました。この糸は数年前に初めて使ってみてファンになりました。しかし、どうも市場から引退するようですね。残念! 

一口に「コットン」と言っても処理の方法、撚り方によってこんなに差が出るなんて本当に糸は面白いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中