何度もほどいて出来上がったカーディガン

きれいなピンクだったのでなかなかパターンが決められなくていたのですが、編み始めることにしました。しかし、編み始めてはほどき、とそれを3度繰り返しました。間違えたのではなくてパターンが気に入らなかったんです。ほどいたままのボールでおくにはもったいない。

そこで決めたのが Sunnyside by Tanis Lavaliee. 大人用のパターンは有料ですが、子供用は無料だったので前から気に入っていましたしこれを何度目かの正直で編み始めました。さすがに無料パターンだけ(?)あって、細かいところの説明は省かれています。とはいえ基本的なことはきちんと書かれているのでもちろんきちんと編みあげることはできるんです。

これも順調に編み始めるまで何度も何度も間違えてほどいたんです。「もう、ダメかなぁ、この糸、縁がないのかしら?」とまで思いました。かといって気に入っていた糸を投げ捨てるのも気が引けます。がんばりました。

体の部分を編んで、裾の部分にきました。2種類の裾の編み方が出ていたんです。一つはガーター編み。もう一つは途中で「かけ目、2目一度」を繰り返し、その部分で折り曲げて仕上げる方法。私は後者を選びました。

IMG_2427

ちょっとかわいらしいエッジになりました。しかし、丸まってしまったんですよ。

IMG_2428

端っこがまるまって上に上がってしまいました。

IMG_2430

あっという間に全体がまくれあがるように上向きにカールしているの、わかります? 水通しをしたらもしかしたら平らになるかもしれない、とも考えました。でも「もしかしたら」ですからな。乾いたらまたカールしてしまうかもしれない。袖口のところを編みながら、このまるまった裾を横目で眺めて考えました。裾の部分も袖口も同じ始末をしたいですからね。両方まくれ上がったのではどちらもやり直さなくてはならなくなってしまいます。

袖口はガーター編みにして体の裾の部分をほどきました。いったい何回目だろう、ほどいたの? と思いながら忍耐強く、忍耐強くていねいにほどいていきました。ガーター編みをして目の始末をして、「できたぁ〜。あとはボタンをつけるだけ」と喜び勇んでぬるま湯にひたしました。そして、写真を撮りました。見てください。

IMG_2432

少し暗いですね。サイズのためにiPhoneをおいてみました。こんなに小さいカーディガンなのに、編んではほどいて、を繰り返したので時間がかかってしまいました。でも、出来上がりが可愛いからいいかな。残った糸を使ってソックスも編もうかな。

そうそう、毛糸はBlue Moon Fiberの Socks that Rock light weightです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

何度もほどいて出来上がったカーディガン」への2件のフィードバック

  1. あああ~、可愛い!!毛糸の色もデザインも可愛いいい~♪
    袖口はガーターでないと、水通ししても丸まっちゃいますかねガーターでも十分可愛らしいけれど、そうじゃない方も可愛らしいなあと思いました。

    • ありがとうございます。なんといっても小さいからすぐに編み上がります。(間違えなければ、の話ですが) 手間をかけて可愛いままいてくれればやりがいがありますが、丸まってしまうのではね。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中