吹き荒れるKALの嵐

「アメリカ人は」とか「日本人は」という枕詞を聞くことがとても多いようですが、結局は人間。たくさん人が集まれば似たり寄ったりなんですよ。

皆が夢中になっているパターンがあるんです。Melanie Berg がデザインしたOn the Spice Market。私は彼女のデザインが好きで、今までに Drachetels を編み、もう一つ編みかけのショールがあります。

さて、何が起こっているかというと、なんとなく、みんなこのパターンが気になってはいたんです。一人の人が編み始めました。それで火がつき、皆、自分の在庫を調べたり、Miss Babs のサイトに行って糸を注文したりと蜂の巣をつついたような騒ぎになりました。

KALですから、まぁ、皆で一緒に編んでいきましょう、という感じですよね。しかし、前述しましたように一人の人はすでに編み始めています。また、先週の時点でこれから糸を注文しようとしている人もいます。そう、彼女が言い出しました。

「私の毛糸が届くまで、みんなに編むのをやめてもらようようにメール出そうかしら? そうじゃないと一緒に編めないじゃない」

すると、すでに手元に糸があり、今にも編み始められるもう一人が

「競争じゃないんだからそんなことしなくていいんじゃないの? 糸が来たらゆっくり始めれば? それに⚪️⚪️は編み始めたって言ってたし」

別の人も 「今、編んでいるこれを終わらせないと始められないわ。私は後で編み始めるからいい」

そうそう。競争じゃないんだからね。 しかし、糸を注文しようとしている彼女は

「家にある糸で始めてもいいんだけれどね。メインカラーがどうしてもないのよ。あなたはどうしたの?」 聞かれて私は

「家の毛糸で十分作れるから新たにオーダーはしないのよ。選んだ糸を持ってきたから見て」 と皆に見せたところ、ひとしきり色の話をした後で

「あなたは編むのが早いからね。みんなより先にさっさと編み上げちゃうんでしょ? 1日に何時間編んでるの?」と半分嫌味っぽく言われちゃいました。そう言われても困ります。編むのが早いのは確かに事実ですが、だからと言ってそれをどうこ言われる筋合いはありません。「もう編むのやめようかなぁ、」と一瞬思ったのですが、やっぱり編みます。私が一番先に編み上げようが誰が先に編み上げようか、そんなことどうでもいいし。

「私も編みたいとは思ったの。でも、他のものがあるから諦めようと思ったんだ。うーん、私も編みたいな。でも、これから色を選んで糸をオーダーしたら遅くなるよね。どうして近所に毛糸屋さんがないのかしら!?」

口では競争じゃないんだからと言いながら、ちょっと心の中で一番になりたいと思っている言動があちらこちらから見られました。編む速さって手を動かす速さだけではないことがわかっていないようです。パターンを理解し、記憶したり、編んでいる目を読みながら編めるかなどいろいろなことが絡まって編む速さにつながっていくのかなと私は考えているのですが…

そう、私も編み始めました。このパターンはメインカラー+6色必要です。全部で7色のうち、3色は新しいカセをボールに蒔きましたが、4色は残り毛糸を使います。今日は夜になってしまったので明日、写真を撮りますね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中