ご主人の幼馴染みに頼まれたら編みますか?

友人のご主人が幼馴染みに聞かれたそうです。

「君の奥さん、編み物しているんだろう?息子の大学のスクールカラー(こちらの大学にはその大学の色があるんです)を使ってマフラーを編んでくれるかな?」

ご主人さまは「僕はわからないから自分で直接聞いてくれない?」と答えたということを聞いた友人は私たちに聞きます。

「どう思う? あなたならどうする?」

皆は口々に言います。

「マフラーを編むのには毛糸を買わなくてはならないし、時間だってかかるんだから、断りなさいよ」

「毛糸代くらいはもらうんでしょう? 毛糸が高いことを聞いたら編んで欲しいなんて言わなくなるわよ」

「大学のブックストア(大学の名前が入ったノートやらパーカーなどいろいろなものを売っています)に行けば、スクールカラーのマフラーを絶対に売ってるし、そこで買ったほうが安いに決まってるって言ったら?」

「時間は限られているのよ。自分が編みたいものがたくさんあるのに編みたくないものに時間を使うことはないわよ」

なんか、みんな冗談じゃないわよ!という勢いなんですよね。もっとも、ステキな毛糸でていねいに編んでも、寮に住む大学生ですから、お洗濯だって簡単に済ませるであろうことは皆、承知しています。

「頼んだのが他の人ならともかく、ご主人の幼馴染みだったら編んであげてもいいんじゃない? 」と言いかけましたら、あまりの皆の剣幕に言葉を引っ込めました。確かに時間はかかるし、毛糸だって安くはありませんが、幼馴染みのお子さんにだったら「大学入学おめでとう!」とプレゼントしてあげたら気持ちだけだって嬉しいだろうに。。。 

まぁ、人それぞれなんですねぇ。みなさんだったらどうなさいますか? もし、ご主人が「⚪️⚪️がさぁ…」と言いだしたら…?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

ご主人の幼馴染みに頼まれたら編みますか?」への4件のフィードバック

  1. 以前、何かで読んで「おお、なるほどな」と思った回答がありましたので、ご紹介しますね。
    結論から言うと、「手編みにご興味があるのなら、編み方を教えるので、一緒に編みましょう!」と誘う、という内容。
    ・毛糸のお値段を知ってもらう
    ・編むのがどれだけ大変か知ってもらう
    どのようなつもりでご依頼されたのかは判りませんが、お断りするのも角が立つし、かと言って安請け合いもしたくない。
    本当に興味があるのであれば一緒に編めばいいし、お気軽に依頼されたような場合であれば、きっと「え・・・」と引くでしょうし。
    どうでしょう。

    • コメントありがとうございます。おそらく、友人のご主人の幼馴染みは軽い気持ちで頼んだのではないかなぁと想像されます。どこまで本気だったのでしょうね? 彼女がどうご主人に行ったのか、わかり次第、ポストしますね。

  2. いつも読み逃げしている者です。
    初コメですみません(汗)
    私なら、編んであげると思います。
    マフラーなら多少手の込んだものでもそれほど時間はかからないし、おっしゃる通り入学祝いの気持ちとして…
    お友達、息子さんに大学の売店に売っているマフラーとは一味も二味も違うものをプレゼントしたいのでしょうから。
    かく言う私は母の姉妹五人にセーターやベストを頼まれて四苦八苦していますが笑(サービス精神旺盛すぎ?)
    トホホ…

    • いえいえ、読み逃げ、大歓迎ですよ。今日はコメントをありがとうございます。そうですね。おそらく私も編むかなぁと思います。でも、これってご主人との関係、また、その幼馴染の方をどれくらい知っているかとか、いろいろなことが絡みますよね。
      いろいろな方から「編んで!」と言われるのはとても幸せなことではないかとも私は思ってます。(誰でもいいというわけでは絶対にありませんけれど(笑))大切にしてもらえたら嬉しいですよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中