「ものを減らしなさい!」

友人が編み物会に毛糸をたくさん抱えてやってきました。一体どうしたのだろうと思うと、

「主人がね、荷物を減らせと言うのよ。毛糸が多すぎるって。だから、好きなものがあったら持って行って」

そういえば、先週、ご主人のお父さんの家をどうするかとか、お母さんの世話をどうするか(離婚なさっているので別々に住んでいるんですよ)などいろいろな心配事を話していましたっけ。

「え〜!」 とみんな。

「ひどいじゃない」と言いながらも目と手は毛糸に行っているのがおかしい。なんて私もその一人でしたけど。

結局、彼女がエストニアで買ってきた糸を2カセとWollmeise の糸を選びました。

「いくらになる?」と聞くと

「荷物を減らすために持ってきたんだから、お金はいらない」

「いや、そうはいかない。じゃ、せめてWollmeise の分だけでも払わせて」 (と言ってしまってから、まわりのみんなはどういうつもりで手を出したのだろう? と、気になりました。お金を払ってまでも欲しいと思っているのかな? と。 でも、気にしても仕方ない)

すると、友人が言いました。皆に向けて

「お金はいらないの。皆が私の毛糸で何を作ってくれるかを見るのがとても楽しみ」

そうか、糸を愛する彼女らしい一言だわ。彼女の期待に応えるために(?)パターンを探すことにしましょう。

私の毛糸も増殖中。これどうしましょう? 友人のように思い切ることができない性格だし。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中