細い糸でカーディガンをあんでます。

冬の間は太めの糸ばかりでしたが、春の日差しを見ると細い糸が気になりだします。しかし、作り目の数からして太い目に比べたらずっと多いのですから、二の足を踏みがちな私。

しかし、細い糸のカーディガンは便利この上ありませんから、細々と始めることに。

選んだバターンは私の好きなJoji Locatelli の Ecuador。図を見るとそれほど難しそうではないけれど、説明文を読んでみるとちょっと言葉足らずかしら? と思うところがあり、自分の想像に任せながら編み進むしかなさそうです。おそらく、こうであろう、という推測はありますが、もしかしたら思い込みかもしれませんしね。そうなると細い糸ですから損害はなかなか大きい。

ぎちぎちに編むのではないので、ゲージは10センチで22目。

作り方がとてもおもしろいんです。無料パターンではないのであまりここで紹介するわけにはいきません。パターンではベスト、もしくは半袖のどちらかを選べるようです。半袖が選べるということは五分袖にもできるということかな、とこれまた勝手に想像しています。

カーディガンといってもすそにフレアーがあるので時間がかかりそうです。かといって他のものを始めるとかかる時間は倍以上になるだろうし、でも、編み物会に持って行って編みたい代物かというとうーん、まだそこまで調子が出ていません。

あ、明日、編み物会だ。どれを持って行こうかしら? やっぱり、何かソックスでも編み始めないとダメかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中