Tailwind 最後の詰めです

あっという間に日本にいる時間が終わり、家に戻って参りました。成田空港でベンチに座ったら「もう立てない」 こんなに疲れているとは思いませんでした。寄る年波には勝てません。。。

さて、遅くなりましたがTailwindの際gの詰めの部分の説明です。

裏の段を編み終えたら伏せ目の始まり。

まず、2目を表編み。次の2目をkfb。

まず、こちら側から次の2目の向こう側に右の針を入れます

まず、こちら側から次の2目の向こう側に右の針を入れます

ここで表編みをします。1目減りました。

ここで表編みをします。1目減りました。

今、右の針にある3目を左の針に移します。

また、さっきやったように、*2目を表編み。次の2目をkfb。 また、右針の3目を左の針に移す。* *の間を繰り返す。

3目残ったら、2目表編みで編んで右側の目を右上2目一度のように左側の目の上にかぶせます。右の針にある1目を左に移し、2目表編みで編んで右側の目をまた、左側の目の上にかぶせます。これで左の針には1目もなくなり、右の針の上に1目。糸を切って引っ張って始末して終わりです。

ボケちゃいましたが、こういう端になります

ボケちゃいましたが、こういう端になります

これで、あっという間に目の始末が終わりました。i-cord でする始末の仕方です。

プレゼントのために小さめのTailwindを3つ編みました。それぞれの色、ストライプの段数を増やさずに編んだんです。また、最後の1枚は少し色の組み合わせも変えてみたり、ストライプの太さも一部分変えました。

IMG_2102

このように、色、段の幅、いろいろなことを自分の好きなように変えて本体のサイズをもちろん、デザインも変えて目先が違うTailwindを作って楽しんでくださいね。残り糸を使っても編めますから余った毛糸を減らすこともできて嬉しいですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

Tailwind 最後の詰めです」への2件のフィードバック

  1. こんにちは!まずは練習にとソックヤーンで編み始めました。(でも編んでみたら地味なのでほどくかも…)好みの三色の糸を揃えられなかったら段染めなどの糸で編んでみようかとまだ迷っています。伏せ方もI-cordなのですね。むむ…先は長いですが頑張ります!参考までに使いやすいと感じた完成品のサイズを教えて頂けると嬉しいです。

    • コメントありがとうございます。サイズなのですが、これは身長、また、体型によってかなり変わってきます。今、家に残っているのは実は一つだけで、それも私用なので大きめです。こちらに戻ってきてお洗濯をして今、乾かしている最中なので、乾いたら測ったみますね。
      色ですが、冒険なさるのも一つの手ですよ。思っていたイメージと違うものができて嬉しい驚きがありました。3色揃わなかったら、残っている糸を組み合わせて使うこともできます。3色にこだわらなくても大丈夫ですよ。段染めを使う時には、ストライプが出るかがミソですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中