輪で編んだセーターがカーディガンに変身

やりましたよ。輪で編んだセーターを前中心にハサミを入れてカーディガンにしました。steeking と呼ばれています。

IMG_1794

これはセーターを裏返しにしたところです。真ん中に表編みが1目通っているのが見えますか? これが作り目+1目の1目の部分です。この目をザクザク切るんです。切る前にもちろん解ほどけないような処置を施しました。すでに切り始めていますが、目が両側にくるっと丸くなっているんです。これは私が何をしたわけではなく、自然にそうなっていくんです。おもしかったですね。糸もボサボサしてはいましたが、そこにはあまり注意を支払わずに進んでいきます。

ちょきちょきと間違った目を切らないように、また、裏側も一緒に切らないようにと細心の注意を支払いながら先が尖った細いハサミでゆっくりと1目1目切りました。

IMG_1795

切り進んで来て前ヨークの手前までやってきました。糸が横に渡っているために切らなくてはいけない表編みの一目が見えにくくなっています。さらにスピードを落としてゆっくりゆっくりと切る目を見極めながら切っていきます。

IMG_1796

横に渡っている糸ももちろん切ります。最後まで切り終わり、カーディガンの前身頃らしくなりました。

IMG_1797

下の写真でおわかりになるとよいのですが、切れ端がボサボサしているでしょう? それがほどけないように裏側にテープを縫いつけます。それは明日頑張ります。編んだものにハサミを入れて気疲れしてしまいました…

IMG_1798

ザクザク切ってもすぐにほどけてこないのは、このアイスランドの糸の特徴です。隣の糸と絡み合うというかくっつき感がある糸であることが大きな理由なんです。すべすべしている滑りやすい糸だとこうはいきません。次から次へとほどけてしまう可能性がありますから、そこは気をつけなくてはいけません。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中