毛糸ギリギリ、胸はドキドキ

ずっと作りたかったLemongrass 完成しました。糸が足りるか足りないかドキドキものだったんですが、なんとか完成にこぎつけました。他のものを作ろうと買った糸なのでこういうことが起きました。(あ、これは昨日の記事のプルオーバーとは違います)

普通のトップダウンプルオーバーなら、首の部分から編んできて、袖と体に分けてから、先に袖を編んで残りの糸で体部分を編めば、糸を無駄にしないで長くできます。しかし、このパターンはそうはいかないんです。

IMG_1557

なぜか、というと写真を見ていただければわかるのですが、サイドが割れていますよね。そこがミソなんです。脇の下から輪ではなく後ろ身頃、前身頃と分けて編みます。ゴム編みで縁取りをして、それから目をピックアップして袖を編むので袖が最後のパーツとなってしまい、袖を編むのに使うであろう糸を残しておきながら身頃のたけをギリギリまで長くします。しかし、ゴム編みで余分に必要になる長さも考慮に入れなくてはいけません、ということで悩んで糸の重さを計りながらの挑戦でした。

IMG_1556

モヘアと並太くらいの糸を2本どりで編みました。だから暖かい。糸を触るとふわふわしています。

IMG_1547

Joji Locatelli さんのパターンはよく説明もされていて大好きです。もう少し長くしたかったなぁ。そうそう、ボタンも、あと一つずつ両脇につけなくてはなりません。このボタンも探しました。でも、探した甲斐があったとはこのこと。色がすごく気に入っています。

外に着ていくととても目立つ色です。でも、アメリカでは全く気になりません。きっと、日本でも気にしにしないだろうなぁ、私は。それより、まわりの人から「すごい色ね」とか「派手な色ね」と言われそうですが、ま、いいでしょう。人は人、自分は自分です。糸を見たときに「これだ!」と思ってしまいましたから。年齢を重ねると着る色を自分でどうしても限定してしまいがちですが、気に入った色であり、似合っているならどんな色を着てもいいのに。

ここのところ、プルオーバー、カーディガンに目がいきます。冬だからですかね。きっと春が見えてきたら小物に惹かれるのでしょうがそれまでは大物を頑張って編み続けます。暖かいのが一番。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中