手編み物、どれを買いますか?

日本の人たちの「手編み」に対する感覚というのはどうなのだろう? とふと思いました。わたしが住んでいる地域では母親をはじめとして祖母、叔母たちが編んでくれるスカーフ、帽子、ソックスは売っているもの以上に喜ばれます。アメリカ全国がそうかどうかはわかりません。

毛糸の帽子などに限りませんが、買うときにラベルを見てください。原産国はどこなのか? 素材の原産国と生産国は異なるのかなどなど。

なぜか? 買い物をするときに自分の好みの色などとは別に大切なことは「質」そして「価格」ですよね。どんなに質が良くても目が飛び出るような価格ではさすがに買い渋りますから。しかし、少しだけしか価格差がなくて、原産国が日本と他の国だったら、わたしは日本で作られたものを買いたいと思ってます。

帽子を例にとりましょう。私たちにとったら一つの帽子。しかし、その帽子を作るために働いてくださっている方たち、そしてその家族も含めたら大変な数になります。私たちの手元に入るまでに関わっている人の数といったら少なくありませんよね。日本の中でがんばっている人たちを応援したくなりませんか?作ってくださっている方たちのプライドだってありますよ。 そして、原材料を仕入れる値段、人件費、輸送量などなどいろいろ考えたらそんなに安い価格で質が良いものを作れるとは考えられません。安いものに手が伸びるということはもしかしたら日本の製造業の火を少しずつ細くしていることにつながらないでしょうか?

アメリカも安い商品を作り、廉価のサービスを提供することに躍起となり海外に工場、事業所を作った時期もありました。今もそういう傾向にありますが、アメリカ国内の製造業の力の衰えに不安感を訴える国民の数が増えていることも事実です。

わたしも手編みの帽子に長方形のコットンの生地を縫い付けて売り出そうかしら? 縫い付けるくらいなら私にもできそう。実際に、そういうラベルが付いているどこで作られたものかわからないものの方が、お母さんが編んでくれたしっかりした帽子よりもファッショナブルと思う人が多いのかな? それともお母さんが編んでくれたら絶対、そっちの方が嬉しいのかしら? だけど、編んでくれない? 

マジに帽子、売り出そうかしら? うぐいす餅のロゴマーク? あんまりかっこ良くないかも。(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中