パターンを広げていく

例えば、帽子を編もうとしてパターンを探しますよね。いつもより入念に探して、さらに、フリーパターンならダウンロードして細かく読んでみると、なんだか、とても似通ったパターンにぶつかることがあります。考えてみれば、編み物の基本は表編みと裏編み。その他にすべり目、かけ目、などがありますが、それを組み合わせているので、似通ったパターンが出てきてもおかしくありませんよね。

ただね、それがフリーパターンではなかったりすると、「え〜、これって」と思ってしまいます。

また、糸の太さが違う、段染めを使っているので見た目が違う、レースなどのパターンの間に表編みが数段入っているか入っていないか違う、などなど、微妙に異なるものの、基本はほとんど同じ、というパターンも少なくありません。基本と思われるパターンを見つければ、自分でもパターンを作って楽しめるということにもつながります。

どれくらい変えれば自分のパターンと呼べるのかというとこれまたむずかしい。自分で変えて好きに編むのなら全く問題がないとしても、それを自分のパターンとして売り出すのはやはりどうでしょうかね。これは個人個人がどう判断するかですよね。

かのこ編みのスカーフなんて昔からありました。それを自分のパターンとして売り出すのは気が引けます。じゃ、カウルにしよう。これは一つのアイデアです。でも、もう誰かがこのパターンを出しているから、カウルを長くしてみたらどうだろう? ねじってみるのもいいかも。2色にしたらどう? 太さは? かのこ編みの間に表編みを1段入れてみよう。ほら、いろいろ変わってくるでしょう? 

基本的な形を一つ編みます。いくつか編むともっと良いのですが、編みながら、どういう形が、どうしてこういう編み方になっているのかを図にします。すると、なーるほど、と納得がいって、じゃ、自分はここをこうしてみようとか、好みに合わせて変えていけます。

変えてみて、「あれ、やっぱり変だわ。」それはそれでいいじゃないですか。最初からうまくいくわけないのですもの。

ということで、また、ミトンを編みました。自分で適当に縄編みをまた入れました。自分のパターンです。なぁんて偉そうですが、プレーンなパターンに手を加えただけです。

IMG_1226

ミトンは簡単に編めるのでつい、編み始めてしまうんです。糸を変えたり、長さを変えたり、楽しいですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中