ひつじの帽子

ほとんど帽子をかぶらないのですが、この帽子は見たときから作りたくてたまりませんでした。アメリカ人とは頭の形がきっと違うのでしょう。サイズとか、深さとかなかなかしっくりこないんですよ。ま、似合わないというのが一番の理由でしょうが。

パターンの名前は Baa-ble hat です。フリーパターンですが、Shetland Wool Week のニュースレターにサインアップしないといただけません。

IMG_0879

糸は他のものを編んで残ったものを使いました。ゴム編みの部分を深い紺色で編んでしまったのでひつじさんたちの足(黒)がよく見えなくないんです。でも、久しぶりの編み込みだから練習のつもりであまり気にせずに編みました。その部分の糸は Madelinetosh worsted だと思います。白い糸はなんの毛糸だか全く記憶にないんです。黒は Kendzi だったかな? そして上のラベンダーの部分はプリモスヤーンのgalway。太さもまちまちになってしまいました。

私は編む手がゆるいので、本体をもう一つ針を小さくして5号で編めばよかったかもしれません。ゴム編みを5号、本体を6号で編みましたから。頭のてっぺんの方の減らし目に差しかかろうとするとき、どうも浅いような気がしたので、少し段数を足し、また、大きめだったので減らし目の間に入れる増減なしの段はやめてベレー帽のような形に持って行きました。

ちょっときになる点がいくつかあるのでそれを変えながらもう一つ編んでみます。

IMG_0880

この写真では頭の上の部分がクシャクシャとしているのわかりますよね。これはどんどん減らし目をしていったからなんですよ。アメリカ人は赤ちゃんのときにうつ伏せに寝せるから頭の後ろがにゅっと伸びているのに比べて日本人の後頭部は扁平ですから、少しベレー帽のような形にしてあげた方が頭にしっくりくるのかもしれません。でも、これも個人差がありますね。自分の頭にぴったりの帽子を見つけるのはなかなか大変です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中