KALに参加しようか悩むなぁ

KALというのは knit along のことで同じプロジェクトを数人の人が一緒に編み始めることを言います。一緒にとは言っても同じテーブルに座って編むわけではなく、世界各地に散らばってい流こともたくさんあります。ミステリーKAL となると時間をおいてパターンが少しずつ明らかにされるので少しだけ編んで次のセクションが明らかになる日を待ちます。これはこれで楽しい。

KALを見るとやってみようかな、と意欲はそそられますが、どういうものが出来上がるかどうかわからないのに(<ー自分の好みの作品が出来上がるかどうかしら?)時間を費やすのに2の足を踏んでみたり、デザイナーさんによってはパターンにエラーがあることがKALの途中でわかって「え〜!」ということもないわけじゃありません。

多くの人が編んで、出来上がった作品を見て、パターンのエラーもしっかり修正されていて、さらに願わくば、自分が使おうとしている毛糸で編んだ人が数人いるパターンは確実ですよね。すでに実績があるわけですから。それに比べるとKALには不安が付きまといます。

そうはいっても、自分の進み具合と同じようなところを編んでいる人がたくさんいて、しかもわからないことなどを共有できたらそれは楽しい経験になります。

今、気になっているKAL はSusanna ICの Mini Mystery Kal。 この人のKALは前にも参加したことがあります。それに、いくつもパターンを書いている人ですからそれほどの多くのエラーはないだろうと想像できますし、彼女のパターンは私の好みのものが多いんです。

よろしかったら皆さんもやってみません? ぜひ、ごいっしょに。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

KALに参加しようか悩むなぁ」への2件のフィードバック

  1. 前にニットではなくクロッチェの方で参加したことがあります。同じパターンでもいろいろ出来上がりが違い面白いですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中