自分でデザインするガーンジーストール

ロムニー種の羊の糸を購入しました。少しチクチクするのと、水につけてもあまり柔らかくならないので何を編もうかと考えたところ、浮かんだのが、ガーンジー柄のストール。ガーンジーなら、何もパターンを買う必要もなく自分で作ろうと、いろいろなスティッチが出ている本を参考に、エクセルを使って模様をプリントしました。糸をスワッチした時には10センチ18目。でも、これメリヤス編みですから目安にしかなりません。

このように自分のデザインで何かを作ろうとするならスワッチは欠かせません。たとえそれがストールでもです。好みのサイズにできあがって欲しいですから。そして編む前に糸の重さを測ります。ラベルに重量が書いてありますが、どうもこの国のラベルは信頼度が低いので忘れない限り自分で測り直します。

このようにして編みたいパターンを5つくらい用意しました

このようにして編みたいパターンを5つくらい用意しました

作り目を考える時に便利な数字が12の倍数。12は約数がたくさんあるので使いやすいんです。そこで本体は36目。そして両側に3目ずつのガーターを入れたいので、トータルで42目です。最初の模様がこんな感じ。

IMG_0531

そして二つ目がこれ。このパターンは一見、数字が扱いにくそうに書かれていたのですが、よく見れば6目でくぎれるこれまた便利なスティッチ。名前はBasket Weave Stitch です。

IMG_0533

間には表メリヤス、裏メリヤス、表メリヤスを2段ずつ、全部で6段入れました。

IMG_0530

さて、これから少し数学です。全部で62段編みました。ガーター編みを4段。最初の模様が28段。間に6段、次の模様が24段。

最初の毛糸の重量が112g。今が76g。使った毛糸は36g。大まかに計算して約3分の1。62段編めて長さが約16センチ。ということは一玉で48センチ弱編めるということになります。糸は4玉あるので全部編み切ろうとすれば1メートル90センチくらいのものが出来上がるでしょう。(そこまで長くしたいかどうかはわかりませんが)

今、模様を5つプリントアウトしていますが、もう少し増やしてもいいかも。これは編みながら考えます。模様の出方によりますしね。なかなか楽しいですよ。自分で考えて編むのって。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中