旅先で出会った人とのスワッチの話

旅先で出会った初対面の女性。彼女は他に仕事を持ちながら羊を買い、毛糸を小売店を通じて販売しています。その糸を私が手に入れたことから連絡が始まり今回彼女の家をたずねました。しかし、彼女は編み物をしません。だから、毛糸を使う側が要求しているものなどについての知識をほとんど持ち合わせません。とても素敵な毛糸なのにもったいない。

そこでついついおせっかい欲がむくむく出てしまいいろいろと話すことになりました。

やはり、毛糸を編む私たちにとって出来上がり感がどんなものになるかを知らないのは困ります。そこで

「スワッチ、知ってる?」 と聞くと
「四角を編むことでしょう?」
「四角を編むには編むけれど、目的があって四角を作るのよ。編んだものをぬるま湯につけてゆっくり水分を羊毛に吸収させるの。そうすると羊毛の表情が変わってくるから」

口で言ってもそうそうわかるものではない。見せるしかない。編みました。ホテルに戻ってスワッチを。

IMG_0481

なぜ、四角を三つ編んだのかと言いますと、最初の2枚は7号の針で、3枚目は6号と、針のサイズを変えた時の違いも見せたかったから。そして、7号針で編んだ1枚と6号針で編んだものをぬるま湯につけたんです。そうすると、今度は編みっぱなしの四角ととのぬるま湯のお風呂に入った四角の違いが目と手で感じられるから。

一番左のものはまぁるくなっていますよね。これは水につけていないから糸がリラックスしていないんです。

素敵なランプの下に並べてみました。

素敵なランプの下に並べてみました。

スワッチしたものをタオルの上に並べて干していたものですからその分、新しいタオルをホテル側が用意してくれませんでした。けち!

乾いたものをさわってみるとそこまで何もしなかったものとの手触りに差がありません。ちょっとザラザラしていて場合によってはチクチクするかもしれない糸です。そうそう、羊の種類はロムニーです。

もう一つ別の種類のスワッチも作ってみました。

IMG_0488

これは水を通した後と前では全く感触が異なります。おもしろい! 最初の白い糸はモヘアと絡めて編みたくさせる糸。そしてチャコールグレーの糸はそのまま一本で編みたくなる糸でした。

どうしてここまで初対面の人のためにするのか、自分でも不思議なのですが、羊たちの糸がそれだけ好きなのだと思います。編むことも好きだけれど、糸への愛着が強いのかもしれません。

旅先であったワンコの写真も見てくださいね。

IMG_0486

ブルーワリーにいたワンコです。人なつこくってバースツールに座っている私の膝に頭を乗せてくるんです。もうかわいくて!

旅ではいろいろな人との出会いがありますね…

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中