体型によって好みは異なります

同じパターンを選んでも毛糸によっても、色によっても見え方が違ってきます。さらに、体型によってあちらこちらに手を加えるとまるで感じがとても同じパターンとは思えないようになるから面白いんです。

人間、いろいろな体型があります。日本人の中でも背の高さ、身体つきなどいろいろな姿がありますが、アメリカではその幅がもっともっと広いように思われます。

同じくらいの背丈でもバストが大きい人とそうではない人ではウェストからの増やし目の数に大幅な差が出ます。カーディガンなどでえりがショールカラーとなると胸の部分での増やし目が多かった分、下の方の増やし目を調整しないととてもフリフリした感じのカーディガンになりますよね。また、胸で取られる分、前身頃の丈が思ったほど出なくて短めに終わってしまうこともあります。

顕著に出たのが ‘hitofude’ です。大好きで3枚編んだことは前書きました。私はパターンに沿って編み、長さだけを調整しました。あまり中途半端な部分で止まられると気になりそうだったので。私も身長はありますが、私より背の高い人がパターン通りに編んだために前身頃がとっても短くなり困っていました。また、胸の大きい人は、私達から見たらとてもきれいにドレープする前身頃が胸を強調しそうでイヤ、とも言っていました。

1枚目編んだものの、短すぎたので、2枚はずっと丈を長くして、というよりも長くしすぎてダスターコートのようになってしまった人もいるんです。

どこにどうやって手を加えるかは本当に個人の体型、好みですから、他の人の意見をどこまで参考にして良いかはよーく考えないといけません。もっとも、自分の好みがはっきりしていないとこれまた困りますね。色だってそうですよ。好きな色を着ればいい。と言いながら、やっぱり体型の欠点が目立つような色を選びたくないのは女性の心ですよね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中