ママは毛糸を買いすぎ!

私ではありません。友人がお嬢さんに言われた言葉です。

友人はなかなか堂々とした体格をしています。だから、同じセーターを作るにしても、私がもし1000ヤード必要とすると彼女は1800ヤードくらい買っておかないとドキドキする可能性があります。ショールだって小ぶりのものではバランスが悪いのでどうしても大き目のショールを作ることになり、また、買わなくてはいけない毛糸の量がぐんと増えてしまいます。

同じ数の作品を作る毛糸を買ったとしても、金額、毛糸の量どちらも私の2倍近くになるわけですから、毛糸をしまうのはさぞ大変だろうなぁと思います。

友人は先日お母様を亡くしました。同居していたために、片付けを娘とすることになり、その時にどれだけ彼女が毛糸を溜め込んでいるかが娘さんにばれてしまったそうです。怒髪天とまではいきませんが、かなり激しい口調で責められたみたい。ご主人は何もおっしゃらないというのに面白いですよね。

「ママは、毛糸を買いすぎ。毛糸が欲しくなったら自分のクローゼットで買い物をしなさい」と命令口調。

そうはいっても買わずにいられないのが編み物好きの悲しいところ。編み物の雑誌を見てはため息。他の人が編んでいるものを見ては「それ、なんの毛糸?」と聞きながらやっぱり毛糸を買ってしまいます。その彼女が、

「今日、娘が遊びに来るから早く帰って毛糸を隠さなくちゃ。クローゼットの奥の方に入れておけばばれないと思うの」

前回の編み物会は毛糸屋さんで行われたのですが、確か彼女はまたまた毛糸を買い込んでいたんですよ。ベスト一着分とカウルひとつ分。メールオーダーもしたみたいだし、ちゃんと隠せたかしら? 親子だからなんだかんだ言ってもこじれることはないとおもうけれど、でも、やっぱり心配。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中