日本製のビーズなのに。。。

日本でビーズを買い込んでくるのですが、編みたい毛糸の色を合わせてビーズを買えないのが悩みの種です。中間色というかおそらくどの色にでも合うだろうと思われるビーズを買ってくるのですがそれでもねぇ。。買った時はこれで大丈夫だろうと思っても実際に毛糸と合わせてみるとピンと来ないんです。

IMG_0277

大きさも難しいです。今、編んでいるDangling Conversation は小さいサイズを編めばそれほどビーズの数も必要ではないのでお手頃かしらと始めました。選んだ糸がレースではない分、もう少し大きいビーズを選べばよかったと後悔しています。キラキラしたビーズがすごく目立つのも困りますがなんだかゴミがついているみたいに見えるのもこれまた困り者。

IMG_0276

アメリカ人の人は日本のビーズ、とくにみゆきビーズを好むようです。理由はビーズの内側がスムースであること。毛糸を使うので内側がギザギザしていると糸が切れてしまったりするからでしょうね。この間、日本に行った時にはみゆきビーズを買おうと手芸店に行ったのですが、これが見つけられずに大手の別のメーカーのものを買ってきました。ビーズの内側までは見えませんが、糸がひっからないのでおそらくスムースなのでしょう。

友達が先がとても細くて長いかぎ針をプレゼントしてくれました。これにビーズを幾つか拾っておくと編みながらビーズをつけるのが楽なんです。

IMG_0275

しかしですよ、日本製のビーズなのに、内側のサイズがマチマチなんですよ。90%の確率でこのかぎ針で拾えるのすが残りの10%の穴にはかぎ針が通りません。一体どういうこと? 

もちろんビーズメーカーにとって、編み物に使われることはあまり想定していないかもしれませんが、それでも、テグスを中に入れるとしても内側のサイズが違ったらテグスを戻そうとした時にきつくて戻らないことだってありますよね。それともやはりみゆきビーズでないとダメなのかしら?

ちなみにDangling Conversationですが、もし編まれる方がいらっ射たら、チャートは見ないほうがいいかも。チャートに見慣れている私たちにとったらとにかく見にくい! 文章を読んで編んだほうがずっと簡単です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中