手作りのカラフル目数リング

目数リングはとっても便利で、いつも活用しています。表と裏の区別をするときに表の初めの部分に目数リングをつけておくとどちらが裏か表かがすぐにわかります。何も目の数の目じるしのためだけに使うものでもありません。

どうせなら、と作ってしまいました。なんて偉そうに言っていますがジャンプリングにビーズをつけただけ。

photo 3

でも、どんなに可愛くても毛糸に引っかかっては意味がありません。だからできるだけジャンプリングの閉じる部分にビーズが止まっているようにときつめの穴のビーズを選びました。私が使っているのはファイアーポリッシュの4ミリ。しっかり動かずなかなかいいです。ジャンプリングの大きさは1センチ弱です。

しかし、場合によっては目数リング1番、2番、3番と区別をつけなくてはならないときもあります。どのパターンだったか忘れましたが、色で分けて、例えば1番は赤、2番は緑のようにメモ書きをしておきました。それなら、こういう目数リングにしておいたらどうだろうと思っってつくったのがこれ。

photo 441

これもフィアアーポリッシュで止めていますが、丸大のビーズの数で区別ができるようになっています。見えます?

つい調子に乗ってこんなのも作りました。

photo 11

ビーズがぶら下がっているので、さらに毛糸を引っ掛ける可能性があるので気を使いました。今のところは大丈夫そうです。いま、hitofudeの2枚目を編んでいますが、模様の区切りのところは普通の目数リング、そして前と後ろの区別をつけるところにこの目数リングを使ってみました。

photo 31

photo-2222

やる気を出してくれますが、やはり、毛糸が引っかからないか心配です。ジャンプリングの境はファイアーポリッシュのビーズで覆われているので大丈夫なのですが、9ピンのところがどうも自信がありません。丁寧に作ってみたので様子を見ます。

余っているビーズで気軽にできます。ただ、使うジャンプリングの太さとビーズの穴の大きさを合わせるまでにちょっと手間がかかりそうですが、そこをクリアーすればなんてことありません。ちょっとカラフルな目数リング、作ってみてくださいね。そう、ないと思いますが、サビだけには気をつけてくださいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

手作りのカラフル目数リング」への2件のフィードバック

    • ありがとうございます。調子に乗ってたくさん作りました。光を受けるとキラキラしてとっても綺麗なので編んでいても楽しくなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中