冬眠から覚めるためにカーディガンを編みました

今年の冬はこれまた寒くて氷点下10度なんていう日が珍しくありませんでした。たまに0度何て言うと「あら、今日は暖かいわね」という感じ。そういう日が1ヶ月近く続いたので気持ちも身体も凍りついたいたような気がします。

3月の声を聞いてもとても寒く、今日もマイナス5度くらいの気温でしたが空にいる太陽の日差しは春を思わせるものでした。そして明日からは少しずつ気温が上がり始めるという天気予報に脳の周りに張り付いてしまった氷がパリ、パリとはがれていくような錯覚に陥ります。

先週の木曜日に、いい加減にこの冬の寒さに嫌気がさしてというか、早く2月に何処かに行って欲しいという気持ちを込めて “February Lady Sweater”を編むことにしました。可愛らしく、編み方もとてもシンプルなのですが、サイズに問題があるようなんですね。サイズというか着た時のイメージがそれぞれの体型によってかなり違うらしんです。

いろいろな人のコメントを読んで考えました。そして、あまり広げるのはやめようと決めて自分でいろいろと手を加えて身体の部分を編みました。さて、袖もどうしよう。これまた悩むこと数10分。とりあえずパターン通りに編んでみようと続けましたが、肘くらいまで編んで、「いや、ダメだわ。これじゃ幅が広すぎる。毛糸の重さで下に引っ張られているし」。。。 周りの友人たちは

「ちょっと緩めの袖というのがこのパターンの特徴だからそれでいいんじゃない?」とか
「確かに太すぎるわね。肘くらいまで少しほどいて減らすのもいいかも」

そうだなぁ、と肘のあたりまでほどいて減らし目をしたのですが、それでもダメ。横着しないで袖の付け根までバッサリほどいてそこから少しずつ減らし目しました。自然に細くなっていくように。あまり細すぎるとせっかくのパターンが生きてこないし、レースのパターンをどうごまかしていくかちょっと大変でした。

やっと完成。暖かくなる前に数回着ようと思ってます。これからボタンをつけなくちゃ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中