独り占めで質問攻め

別に恋人の奪い合いをしているわけじゃないから、会話を独り占めしようとどうしようとあまり関係ないはずなのに、こんな話題が出るんですから人間というのはおもしろいものです。

編み物会に行くと来た順番に席に着きます。当然ですよね。しかし、自分の荷物をイスに置いて他の人に座らせないようにして、隣に座って欲しい人が来ると、「ここよ、ここよ」と声をかける人がいます。なるほど、だから一つ席が空いていたのね、と納得したりして。

この二人、仲良しというわけじゃないんですよ。荷物を置く人が一方的に相手の人に隣にいて欲しいそうなんですよ。あまり頓着をしないので友人に言われるまで気がつきませんでした。

なぜ、隣に座って欲しいかって? 別に好きとかそういう理由じゃないんです。編み物についていろいろ質問したいし、教えて欲しいかららしいんです。今日もべったりと隣から

「ここの目が変なの。どうしたのかしら?」
「ここがわからないのよ」

言われてみるとなるほど、会話を独り占めというか彼女を独り占めしているようです。こうなると、ますます興味を持って見てしまうのが私の悪いクセ。横から口を挟んでみようかしらとか、ついちょっかいを出したくなっちゃうんです。

「なに間違えちゃったの?」とか
「パターンには何て書いてあるの?」 言わなきゃいいのにね。

「ここはこう編むのよ」という言葉が前から聞こえてきます。そのあとに、「練習してみて。わかれば家で編めるでしょう」という言葉。それに対して、

「編めるかどうかわからないわ。またメールしてもいいかしら」 これは大変だわ。

帰りがけに別の友人が横に来て

「わからないことがあるのをちょこちょこっと周りの人に聞くのは皆がしていることだけれど、つきっきりで教えてもらおうとするのはひどいわね。編めないパターンを選ぶことからして間違っているわよ。」と言います。

「確かに。。。」 でも、素敵なものを編んでいたら編みたくなる気持ちもわかるしなあと思う私。この辺、とても難しいところですよね。まだ、パターンを読むのがやっとというときにレースのカーディガンに挑戦しようとするのはきついかもしれませんね。自分でどこまでがんばれるなのかもしれません。

「ここまでがんばってみたんだけれど、やっぱりここでつまっちゃたの。どうしてだと思う?」 編み物会のみんなならだれでも喜んで
「どれどれ」と言ってくれるはず。

パターン探しから毛糸の色や太さについての悩み事はみんな大好きな悩み事。わいのわいのと終わりの見えない意見交換が始まるんですよ。これまた楽しい。。。

応援してくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

独り占めで質問攻め」への2件のフィードバック

  1. この頃思うのは、ただで教えるのはいいけれど それを職業にしている人に悪いなぁ~と思ってしまう。
    付っきりの人も心棒が良いですね。
    ネットで調べて、ただで手に入れる事が多いですが、本を出してる方にも悪いなぁ・・・と思うので帰国の時いっぱい本を買い込んでしまう(笑)。

    • 私も一緒ですよ。デザイナーの方をサポートと言ったら口幅ったいですが、やはり彼女たちがかけている時間を考えたらきちんとお金を支払いたい。また、そういう反応があるからこそもっと素敵なデザインをという意欲につながるのではないでしょうかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中