あまった毛糸にもいろいろ思い出があります。

もう少しあまり毛糸があったと思ったのに意外とないんですよ。どうしてだろう? 探していない時にはあちらこちらで手を振っているというのに。

まとめてバスケットに入れました。

もう10年くらい前に買ったバスケットですが、気に入っているんです。

もう10年くらい前に買ったバスケットですが、気に入っているんです。

一応フィンガリングの毛糸を選んだつもりですが、太さが微妙に違います。でも、そんなことは気にしないんです。

IMG_0346

一番左の毛糸は何かを編み始めたものの気に入らずほどいたもの。ちょっとクルクルしていたので編みにくかったですね。Malabrigo のsock yarn。 2番目の毛糸は長男にソックスを編んだ毛糸。いったい履いているのやらどうかしら? 柄の途中で糸がなくなってしまったので同型の糸で編み続けました。この糸は乳がんの宣告を受けた友人に編んだショールの残りです。どちらもwollmeiseの pureですね。その次の毛糸がなんだか覚えていないんです。一体何を編んだのでしょう?

色が微妙に変わっているでしょう?

色が微妙に変わっているでしょう?

そして、今編んでいる毛糸は、フィンガレスミットを編んだ残り。koiguの kkkpmです。この糸のように段染めの糸はただ単に表編み。それだけで表情が出ます。そして、単色の糸は適当にレースのパターンを編もうと思っています。グリーンのところはfalling leaves というパターン。10目の繰り返しです。次に単色の部分はまた別のレースのパターンを感あげます。

ちょっと暗いです。

ちょっと暗いです。

この糸がなくなるまで表編みで編んで、それからまたバスケットの中に手を入れて適当に糸を拾い上げます。あったと思っていた糸がないのがちょっと誤算。色のバラエティーがもっとあったほうが楽しいんですもの。

でも、こうして編んでいると楽しいですよ。糸は無駄にならないし、いろいろな色と合わせることで新しい発見もあります。最後に決めなくてはならないことはカウルにするかショールにするかなんです。もう少し編んでみてまた考えます。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中