手が休まらない

朝のうちに郵便局に行ってきました。今までは日本に荷物を送る時には名前、そしてTokyo, Japanとだけ書いてあとは日本語で記入してオーケーだったのですが、これからは日本での住所も全部英語で(ローマ字ですよね)で書くようにと言われました。そして、右下に大きくJapanと書くようにとも。そう、右下に書くのは私が忘れていたんです。「どーもすみません」でした。関税の用紙にはちゃんとローマ字で行き先の住所も書いてあるのですがそれでは不十分になるようです。ま、郵便局員さん一人一人によって、言うことが違うこと多いですから。別の人がなんていうか様子を見ようと思ってます。

今日は手を1日休ませようと思ったのに、なんとなくてが落ち着かないんです。もぞもぞするというか何もしないでいることができないみたい。だから手袋を編もうと作り目をしました。48目作り目をして2目ゴム編みをしてみたところダメ。太すぎる。手首が2本入っちゃう。でも、男性ならこれでもいいかも、と少し編み続けましたが、やっぱり大きすぎる。それどころか、どう見ても毛糸が足り無さそう。糸はBrookyn Tweed Shelter。正直言ってあまり好きな毛糸ではありません。made in U.S.Aなのでぜひ使いたい糸なのですがちょっと硬いというか、ごそごそしているというか、手に当たる感触がザラザラしているというか。。。これがまたもしかしたらこの糸の持ち味かもしれないのですけれどね。

ほどいてどうしよう。また、落ち着かない。じゃ、単純なものを編もうと、Howlcatに決めました。このパターンの詳しいことは書きませんが、パターンを買うとどうやって帽子にするかが写真付きでていねいに出ています。

Howlcatをもし作ってみようと思われる方、好みもありますので「小さな親切、大きなお節介」にならないと良いですが、二つの太さの異なる糸を使いますがあまり違いすぎる糸にしないほうがいいように思います。いや、やっぱりこれは好みですね。いろいろ試してみるのも楽しみですものね。ごめんなさい。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中