プレゼントしたショールがゴミ箱に。あなたはどうする?

友人の友人が義理の姉(妹?)にショールを編んで誕生日にプレゼントをしたそうなのですが、その人がちょっと席を外した時にショールがゴミ箱に捨てられるという事件が起きました。理由は知りません。気に入らなかったのか、ショールに関係なく義理の兄弟の関係が悪かったのか、想像はできるけれど真相は本人しかわかりません。

友人の友人は義理の姉妹が見ていない時にゴミ箱からそっとショールを拾い出し家に帰って丁寧に洗って自分で使っているそうです。

それを聞いた人々の感想が様々だったのでおもしろいなぁと思いました。私ならきっとショックでゴミ箱から拾い上げることもできないのではないかと思うのですが、友人の一人は、ショールをていねいに洗ってそれを親族が集まるビッグイベントの時につけていき、その人に見せつけに行くといいます。もう一人の友人は、いったんあげてしまったものはもう自分の手の内から離れるわけだから、そこから先もらった側がそのプレゼントをどう扱おうか文句は言えない、といました。なるほど。一理あるようですが、人々の感情はそんな簡単というか理論的に動かないから難しいんですよね。もう一人はそんな義理の姉妹なら私は手編みの物なんか絶対にあげないと言いますが、それを知らなかったからこういうことが起きたのだと思うんです。

たとえ気に入らなくてもゴミ箱に入れなくてもいいではないの! とは思います。誰か他の人にあげてもいいですし、プレゼントしてくれた人が帰ったあとでしまってしまうとか、寄付するとか。。。ね。捨てるというのはかなり思い切った行為ですよね。しかもまだ相手が家にいるのですからゴミ箱のふたを開ける可能性だってないわけじゃない。

そのあたりも計算していたのか、まさかと思ったのか。。。いったいどうなのでしょう?

何はともあれ、一応、いただいたプレゼントには好意というか、「プレゼントしたい」という気持ちが込められていると信じたいので、「ありがとう」の気持ちを持って受け取ったらゴミ箱に捨てるということはできないような気がします。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

プレゼントしたショールがゴミ箱に。あなたはどうする?」への2件のフィードバック

  1. 私は義母にショールをプレゼントしたことがあります。私はその色が彼女にとっても合うと思ったのですが、本人は嫌いと言ってました(笑)彼女親友から同じ色のガウンをプレゼントされたけどまったく着てないと言ってました。それ以来手作りの服などはプレゼントしてません。
    ゴミ箱には捨ててないけど、使わないのでは返してとは言い無いですね(笑)

    • 「嫌い」とはっきり言ってもらうのが良いのか、それとも「あら、とってもいいわ」と言いながら全く着ないのとどちらが良いかわかりませんねぇ(笑) 手作りに限りませんものね。スカーフとかアクセサリーとか人に送るのは本当に難しいといつも思います。
      でも、親友の方もその色のガウンをプレゼントなさったのならきっと「似合うわ」と思われたのでしょうね。「食わず嫌い」ではなく「着ない嫌い」?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中