シンプルな帽子の作り方

日本でも手編みのような帽子をかぶっている人をたくさん見かけるようになりました。シンプルなもの。ボンボンが付いているもの、はたまた複雑なケーブル模様のものなどいろいろです。編み込みのものもありますね。

帽子を編むのはとっても簡単。ソックス、手袋のように二つ作らなくていいので、気を使いません。

でも、頭にフィットしないと困ります。だけど、人の頭って本当に色々な大きさがあるんです。もし、自分用に作っていたけれど、合わなかったらすぐにお友達にあげましょう。逆に、お友達に作ったはずが「あら、自分によく似合うじゃない」なんてなったら自分のものにしてしまって良いと思います。

だから、帽子を作るときには(他の時もそうなのですが)使った毛糸、針の太さ、作り目の数、ゴム編みをしたらそれを何段、メリヤスならそれを何段、と細かくメモをしておくんです。そうすれば、今までに作ったサイズと比べたり、次の帽子を作るときの参考になります。

それでは、まず簡単な帽子を作ってみましょう。

まずは作り目から。

そうですね。並太毛糸なら88目くらい作るのはどうでしょう? 小さいかなぁ。dめお大きすぎてぶかぶかも嫌ですよね。この88という数字には少し秘密があります。どうしてでしょうか? 88は2、4、8、11で割り切れます。すると、頭の上部に来た時に減らし目をするときにいいんです。例えば、11を1ブロックとして考えましょう。9目編んで次の2目でお好きな2目一度で1目減らします。そうすると、一段で8目減ります。1回の減らしで80目。次の減らす段で72目、となります。減らす段と段の間に増減なしの段を入れるとすると、9x2=18で19段目の減らし目で8目が残るんです。

少し細い糸なので104目で編み始めました。1x1(表編みはねじり目)で約5センチ編んでそこからメリヤスです。

少し細い糸なので104目で編み始めました。1x1(表編みはねじり目)で約5センチ編んでそこからメリヤスです。

じゃ、もう少し大きい数字を選んでみましょうか? 96目も良い数字ですね。約数がたくさんあります。あまりゆっくり減らしたくない時。ずっと円筒形に編んでいって最後にちゃっちゃっと減らしたいときには1ブロックの目数を少なくします。すると1段で減る目数が増え、減らす回数が減りますから。じゃ、8目を選んでみましょうか。8目を1ブロック(6目編んで次の2目で1目減らす)とすると96÷8=12で減らす段で12目減ります。1回の減らしで84目になりました。2回目の減らしで72目になります。という風にしていくと、6回目の減らす段を終わったところで12目になります。12目をキュッとまとめてもいいですが、ここで最後の2目一度を6回すれば6目残って、この方が絞りやすいかも。

同じ目数で作ってもゆっくり減らしたかったら12目ブロックを作ると1段で8目減る計算になり、上で書いた8目1ブロックよりも1段で減る目数は少ないことがわかりますよね。極端な例を言うと24目ブロックだってできるんです。1段で4目減ります。ね、おもしろいでしょう?

お子さんの帽子なら60目くらいでもいいと思いますよ。もちろん毛糸の太さにもよりますけれどね。

作り目ができたら輪編みにします。輪針でもよし、4本針を使ってもよし.

2x2の二目ゴム編みをするもよし、1x1の1目ゴム編みをするもよし、その後でメリヤスにするもよし、しないもよし、その辺りは自分で決めればいいんです。そして、これくらいかな、と思ったら減らし目を始めます。上の計算で何段編めば6〜8目(絞るのに楽な目数)になるかわかりますから、減らす段で何センチ伸びるかわかるでしょう? それを考えて減らし目までの長さを決めます。

まずはシンプルな帽子をつくってみましょう。それができたらいろいろな応用が楽しめますよ。
ようするに、自分が仕組みさえわかっていたら考えたパターンで帽子はできるということ。自分のデザインですよ。がんばってくださいねぇ〜
帽子は慣れてくると数時間で編めますからプレゼントには最適です。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

シンプルな帽子の作り方」への2件のフィードバック

  1. 今年、棒針編みを始めました。
    ハンドウォーマーを編めたので、次は帽子を編んでみよう!と思って、基礎本片手にがんばりました。作り目をたくさん取りすぎてほどき、作り目を減らしても、手がゆるすぎてやっぱりブカブカになり、またほどき、三度目の正直に編みこみも練習したくて編んでいたんですが、どうしてもうまく編めず(ハンドウォーマーではそこそこ編めたんです)またまたほどき、4度目で作り目の数がちょうどよくなり、編みこみはあきらめて普通のメリヤス編みにして、ようやく出来上がりました。
    苦労した分、嬉しさもひとしおで、鏡の前でニヤニヤしてました(^^)
    自分で編んで、uguisumochiさんの帽子の作り方を読んで、ようやく帽子の作り方が理解できました。

    もう少し安い糸で練習したら、uguisumochiさんからいただいた糸で編みたいと思います♪

    • こんにちは。でも、ハンドウォーマーから始められるなんてすごいですよ。両手を編まなくてはなりませんからね。ぶかぶかになった帽子だってもしかしたらきっとぴったりな頭のサイズの方、いらしたかもしれませんよ。頭のサイズは本当に人それぞれですから。そう、最初から編み込みはしないでメリヤス編みで我慢してください(笑) 頑張って練習してくださいね。
      コメント、ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中