ソックスの段数を数える時には自分のこぶしを入れて。

ソックスの片方が出来上がってもう片方もだいぶ長くなってきました。

photo 1

さて、同じ段数にしなくては、と数え始めましたが目がチカチカしてくるしどうも上手に数えられない。

そこで、長年編んでいる人たちに良い数え方がないかしら? と

誰もが口々に、「ダメダメ、一目一目数えるしかないわね。楽な方法なんてないわよ。」「近道をしようというのは無理よ」
と言います。「やっぱりだめかぁ」とがっかりする私を笑いながら、

「編みにくいのは皆同じ。自分のこぶしを入れて編み目を広げると目が見やすくなるから数えるのが楽になるわよ。」

広げてみました。確かに見やすい。V字のところを数えます。

広げてみました。確かに見やすい。V字のところを数えます。

あと10段も編まないでかかとのフラップの部分に取りかかれそうです。そこまで行くとちょっと一息。かかとのフラップ・減らし目は何目まで減らす、とわかっているのでわざわざ段数を数える必要がありません。目数を減らし終えたら次はつま先までまた増減なしで編めるのでここでまた数えなくてはなりませんが。

あ、そう、書き忘れるところでした。何段編んだか数えたかったら、朝、まだ目が疲れていない時にするのが一番とも言われたことを。確かに、目が疲れている時に細かいものをじっと見るのは目が疲れますし、頭も痛くなってきますよね。目薬を入れてから数えたほうがいいかしら?

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中