今日はスワッチ日和

皆で集まって編み物をするときには複雑なパターンは決して持っていけません。家に帰ってから間違いを発見してほどくはめになることが多いので...

そこで,先日はスワッチを二つ作ることにしました。

丸ーくなってしまいました

丸ーくなってしまいました

本当はもっと正方形になるまで編まなくてはいけないのですが、長さよりも10センチで何目なのかを調べたかったので長方形でごまかしてしまいました。

photo 2

お水に入れて約20分くらいつけて十分に水を吸い込ませます。水に入れると毛糸がリラックスして編み地が大きくなります。当たり前ですが着るものはお洗濯するわけですからそのときに急に大きくなってびっくり驚くのは困ります。そういうことがないようにスワッチをするんです。

photo 3

滅多にありませんが色落ちすることもあるので別々に水につけました。うっかりしているとつい忘れてあっという間に1時間、2時間すぎてしまうことがあるけれどそれは大丈夫です。あわてることはありませんよ。

photo 4

なんか、まるでうなぎの蒲焼きみたいですね。水からあげたらしぼらずにタオルなどではさんで水分を取り乾かします。自然乾燥ですよ。早く乾かしたかったら太陽の下においても良いようですよ。

photo 5

乾ききったらこのように定規を当てて10センチに何目あるかを数えます。ここが大事。ていねいに数えてください。20目と20.5目では全然違います。だって100センチのものを編むとしたら5目変わってきます。「5目くらいいいじゃん」,と思いがちですが,意外に侮れない5目なんですよ。

ピンクの毛糸で編んだものは乾かしたあとで手に取ってみたらとっても編み地が薄い気がしたので(針が太すぎて目がゆるかったのかなぁ)もう一度針のサイズを一つ落として作り直しました。しかし,着るものを作るときにはこれくらい念を入れないとダメみたい。何をするにも準備をしっかりしておくことが大切なんですよね。これは身にしみて感じています。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

今日はスワッチ日和」への2件のフィードバック

  1. サイズの合わないセーターはデザインが気に入っていても着ないことが多いですよね。サイズが気に入るセーターは毎日着たい。スワッチを作るひと手間が重要なんですね。前回のソックスの件も参考になりました♪
    可愛くて機能的なゲージを測る定規ですね!ひとつあると重宝しそう♪

    • この定規,とっても便利ですよ。今度帰るとき,買って帰りましょう。センチとインチが出ていますし,針のサイズも測れます。
      スワッチは実は私はできるだけ避けて通りたいことなのですが,着るものとなるとそうもいきません。怠けてしまうと着られないものができ上がって悲しい思いをしますから...

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中