縄編みのセーターを編むには...毛糸...

縄編みと書くと,とっても古いセーターのようなので,ケーブルのセーター,それともフィッシャーマンセーターと書き直しましょうか... でも,いいか,なわ編みで.「縄」をひらがなで書いた方がいいのか,とまったく関係ないところで悩んでいますが。

縄編みのセーターを編むときには,毛糸を選ぶのに苦労します。なぜか? 私が好きでタンスの中にしまわれている毛糸たちは撚りがあまいんですよ。madelinetosh, marabrigo ,dream in color… どれも撚りがあまくてなわ編み、そしてケーブルのすぐ隣の目たちが伸びてしまう心配があります。せっかく時間をかけて編んだセーターがビヨーンと伸びてしまうのは悲しい。それに,伸びてしまったら暖かいはずのセーターが変に風通しよくなってしまうかも。

かといってあまり太い糸を使うとそれでなくてもケーブルは使う毛糸の量が多いのですから重くなる可能性もありますよね。いやぁ,むずかしい。シェットランドの毛糸のような糸はアメリカではほとんど見かけません。似ているとしたら、Brooklyn Tweed Shelterかな。でも,こう,どっしり感にかけるような気がします。

段染めの毛糸,やわらかく針すべりがよい毛糸、手に持ってみてすごくやわらかくて思わず頬ずりしたくなるような毛糸はたくさん見るのですが、しっかりとしたセーターを編む毛糸にはなかなか出会えないのは,家の中全体に暖房がきいているからなのでしょうか。それとも,車で移動することが多いためにざっくりしたセーターを着ると運転しにくいのか。いろいろ考えるとおもしろいですね。

日本で買える毛糸の方が撚りが固く,いかにも冬用といった感じのセーターを編むのに適しているように思います。だから縄編みのセーター用の毛糸は日本で買おうかなぁ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中