Stephen Westさんの初期の作品、 Pogona編みました

どうも、Stephen Westさんのデザインに取り憑かれているようです。(笑) このショールは前から編んでみたかったんです。直角二等辺三角形を両側に足していくような形なので,なかなかおもしろいショールの出来上りです。

photo-19

今日は気温が高くてとても首のまわりに巻く気になれませんし、また,写真で写せるような洋服を着ていません。形,色とも着るものをそれほど選ばないショールなので嬉しいです。また,三角形を足したことで身に付けたときに正面で可愛くフリルのようになってちょっとおしゃれ。でもフリルがついたフリフリ感ではありません。男性がつけてもおかしくないと思います。

とても単純なパターンなのでせっせと編み上げられました。ちょっとしたプレゼントにするにはよいパターンだと思いますよ。洗ってブロックするときには頂点だけをしっかり伸ばしてあとは自然に引っ張るくらいで形はとれますから。

私はフィンガリングの糸で編みましたがDKとかもう少し太い毛糸で編んでみるのもおもしろいかな,編んでみようかな、というところです。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

Stephen Westさんの初期の作品、 Pogona編みました」への2件のフィードバック

  1. こんにちは このショールはセーラーカラーのようになるのかしら???
    大きさとかわからないのですが、どんな感じになるのかしら興味津々、大きければバットマンのようになる???(笑)

    • バットマン、いや,ちょっと違うかも...写真を撮りましたので載せますね。でもセーラーカラーという表現も意外といえてます。考えてもみませんでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中