編み物は確かに忍耐力。500目を伏せるのは疲れます

「私も編み物をしたいのだけれど,時間がないのよ」
「編み物をするほど忍耐力がなくて」

という言葉をよく聞きます。時間がないというわりに、携帯でゲームをしていたり、おしゃべりに夢中になっていたりという方もいらっしゃいますが,時間の使い方は人それぞれですからね。また,確かに忍耐力がないと編み物はきついかもしれません。

ちょっと複雑なパターンを編んでいるときには目を離せませんから緊張感もあり楽しいのdすが,あまりに単調なパターンであったり,最後の伏せ目になるとこれはもう,忍耐力に挑戦されているような気にさえなってきます。

この間のWeltyでは500目以上のi-cord bind offがありました。今,編み終えたPagonaも500目ちょっとを伏せなくてはなりませんでした。これは,忍耐力なくしてできるしろものではありません。なんて,偉そうなことを書いていますが,私も途中で一度,休憩という名の下にゲームをしてしまいました。

一目一目伏せていけば,残っている目の数は当たり前ですが1目、1目減っていきます。でも,ものすごく急に減るはずもなく一歩一歩歩いていくようなとても地味な作業。しかし,これをやらなかったらでき上がりません。中途半端で投げるのはいやですよね。

この,一目一目という作業は他のことにも共通するなぁと思いながらがんばりました。難しい数学の問題を解くときだって、数ある窓ふきをするときだって、夕飯のために野菜をたくさん刻むのだって近道はありません。ひとつひとつ過程をこなしていくだけ。

編み物は心も落ち着きますし、これは家庭科の中、いえ,必修科目の中に取り入えれていただけるように文科省(というのですよね,今)に提言しましょうか。バーチャルばかりではなくてこういう授業も絶対に必要ですよね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

編み物は確かに忍耐力。500目を伏せるのは疲れます」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中