どこに行くにもショールが必要。新しい一枚が欲しい…

今年の夏は例年になく涼しい日が続いています。ときどき思い出したように35度くらいの日が2、3日つづきますが,またすぐに最高気温が20度台後半というまるで秋のような気持ちがよい日が多いんですよ。

それはともかく,どこに行っても冷房がガンガンにきいているので寒くて唇が青くなっちゃいそう… だから,必ずショールか羽織れるものを持っていきます。それも,ウールではなくて,リネン混紡とか,シルクが入っているもの。その方が肩の線にきれいにドレープしてくれるから。

今,持っている夏のショールは長方形のものがL1。Shibui Linen で編みました。あとは三角形のショールをヘンプで編んだものだけ。大きめの三角形のショールをぜったいに編まなくちゃ。

日本で買ってきた八布。それを使おうと思いながら,ケチな私はついつい,なんかもっとこの糸にぴったりのパターンが見つかるのではないかと針にかけられないのですよ。こんな気持ちで手に取る毛糸がいくつかあります。毛糸のままでおいておいてもかわいそうなのに,どうも一歩がでません。

そうそう,アクリルの毛糸、買ってきました。4色も。がんばって帽子を編みます。でも,アクリルって原料は石油…? 石油を身体にまとうわけじゃないけれど、なんかやっぱり抵抗があるなぁ。確かにお洗濯が楽などいくつかアクリルの利点があるのは認めますけれどね。毛糸のものをまとえる子どもたち,(洗ってくれたり,クリーニングに出せる余裕がある方がまわりにいる子どもたち)はとっても幸せなんですよね。。。

photo-12

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中