手はかぶれず顔がはれたので編み物には支障がありません

先週の木曜日に気を抜いて草むしりをしたときに,どうもpoison ivy にさわってしまったらしく,まずは首のまわり,それから顔の左半分が赤く腫れ上がってかゆくてたまりませんでした。そのうちに左目のまぶたもふくれあがってきて半分目がとじた状態...

草をさわったのは手のはずなのになぜか手はほとんどかぶれず顔だけ。おかげで編み物は問題なく続けられています。

数年前にも同じ経験をしているので,オーツが入った石けんで顔を荒いおとなしくしています。あまりかゆくなったら氷で顔を冷やしています。暖かいタオルを当てた方が血行が良くなり直りが早いとも聞きますが,そんなことしたらかゆくてかゆくて我慢できません。

そんなかゆさを吹き飛ばすためには「これ、編みたいぞ!」と思えるパターンを編むしかないですよね。

Insouciantはかなり進んでいます。もう少しで前と後ろに分けるところに到達します。そろそろ同時に何かショールでも編みたいなぁと思うここ2、3日。かゆみを感じないくらい少し難しいパターンがいいかも、と本やファイルをひっくり返したり,Ravelryをうらうらしたりしています。

ショールの条件は少しレースが入っているもの。三日月型であること。500メートルから600メートルで編めるもの.そして,暑い季節ですから細めの糸で多くの人が編んでいるものです。

さて,いくつかあがっている候補はSnow Angel by Boo Knits. Cascata by Susanna IC. そしてこれは三角形なのですが、La Cumparsita by Marnie MacLean. さて,どれにしよう...と悩むのもまた楽しい。こんなことをしているときに誰かがまたステキなショールを編み上げたのを見たりしたら気持ちは移っていくのですからねぇ。さて、どうなることやら

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

手はかぶれず顔がはれたので編み物には支障がありません」への2件のフィードバック

    • ありがとうございます。目が腫れているのでちょっと外に出られないのをいいことに編み物しています.(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中