手芸屋さんよりためになるランチ

本のパターンで見るよりも実際に編んだ作品を見た方が「あ,これ編みたい!」とか「想像していたのとちょっと違う」とか判断材料になりますよね。

この間のランチに、Geminiを着ていったんです。出来上りはちょっと大きめ。使った毛糸はLouet Euroflax Sports。針は5ミリ。もう一つ細い針を使うべきだったのですが,このときは何を思ったのか5ミリを使ってしまいました。

これ一枚で着るには透けてしまうので中にタンクトップを着たのですが,それでも肩の辺りがどうしても緩すぎます。まるで遠山の金さんが片肌脱いで桜吹雪を見せているみたいな感じ。それを見た友人たち,口々に

「そのパターン,私も編みたかったのよ。でも,針を2号くらい細くするわ」
「同じ毛糸があるのだけれど,あなた,どのサイズで編んだの? Sでずいぶんゆるいみたいだから,私もSでいいかしら?」
「肩まわり、ゆるすぎるから、かぎ針編みを足した方がいいんじゃない?」

などなど,アドバイスやら,自分の方針やら,ま,好きなことを言ってくれます(笑) 

でも,彼女たちの気持ちはよくわかります。きっと私だって同じことを考え同じことを言うと思うのですもの。

だから,編み物会とか,編み物をする人とのランチはやめられません。みんな、自分が編んだ作品を身につけてきますから,そのへんの手芸屋さんに行くよりずっとためになります。いろいろなアイデアやら知識をもらえるのですもの。こんな、貴重な友人がいるなんて私は本当にラッキーです。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中