掘り出した20年ものの毛糸

パピー社のエストレーラで小振りのショールを編みました。ウールの毛糸が好きな私にとって,アクリル、コットン、レーヨン、ポリエステル、キュプラがはいっているこの毛糸はちょっと編みにくかったですが,色目がとてもきれいなので編んでみたくなりました。滑りがあまりよくないんですよね。

IMG_7021 copy

母がモデルをしてくれたのですが写真を載せるのは拒否されているのでクロップしました。パターンは毛糸を買ったときにお店でいただきました。調子こいて,同じ毛糸の色違いでも編みました。編み目をはっきり出すためにスチームアイロンを当てたのですが,それでも来ているうちにやはり首に巻いている部分は細くなってしまい,再度アイロンを当てる必要がありました。

この時期,大きいショールは避けたいですが,それでもちょっとしたアクセントに使えるこのサイズのスカーフは役に立ちます。家に戻り,毛糸が入ったクローゼットをのぞいていたら,

「あら,この毛糸、20年近く持っているような気がする...」

ホビーラホビーレの毛糸でWool Shape.今でも同じシリーズは販売されていますが,確か,25gの玉でしか手に入らないように思います。私が持っているのは50gで250メートルの巻きです。1本では細そうに見えますが,10号の針で編むととても柔らかいスカーフが出来上がりそうです。

photo-10

この毛糸は確か何色も使った編み込みのカーディガンが作りたく友人と共同で購入した覚えがあります.編み込みですから一つの色は会って1玉か2玉.どうしたもんかずっと考え込んでいたのでちょうど良い出番なのです。

まだ他にも数色の乞っているので少し違ったパターンでまたスカーフを編もうかしらと思っています。それにしてもさすがはホビーラホビーレ.お値段は張りますが20年経っても質に問題はなさそうです。短い間に結び目が2個あったのはちょっと気になりましたが編みやすいです.この毛糸。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中