伸ばして、こすり合わせて、「私にも編めるわ」

いろいろな人が世の中いるもんですねぇ。

先日、友人が知人に見せるためにと、とってもステキな編み込みの手袋とショールを持ち、カフェに行ったそうです。しかも手袋はブロックまでとはいかなくても水につけて毛糸をリラックスさせていて、まだ100%かわいていなかったのですって。コーヒーを飲んでいたら、二人連れの女性がやってきて、

「とってもステキな手袋、手編み? 見せてもらっていいかしら?」 まではよかったそうです。一人の女性は友人の許可も得ずに指輪をたくさんした手を手袋の中に入れて手をこすり合わせて「あら、とてもあたたかいわねぇ」と言ったそうです。編み物をなさらない方達はご存じないかもしれませんが、100%の毛糸で編んだものが水を含んだ状態でこすり合わせるとフェルト化してしまうんですよ。手でこすり合わせているだけだから大丈夫と思われるかもしれませんが、いや、編んでいるものとしたらそれは違います。

しかも編み込み。
「指輪が毛糸に引っかかってつれちゃうかも!」
「毛羽だっちゃうじゃない!」 と話を聞いている私たちは半分総立ち(ちょっと大げさ) 
そうは言いながら、あまりに身振り手振りに怒る友人にちょっとクスクス。

挙げ句の果てにショールに手を伸ばし、引っぱり伸縮性を確かめ(?)その女性が言った言葉が、

「私にも編めるわ」ですって。

それが言いたかったのかしら? とそれでなくても憤慨が忘れられない友人。

ステキなものを見るとつい手が出てしまうのはわかりますが、どんなものでも作り手の気持ちがこもっているものですから、手に取る方もそれなりの真心と言うか気遣いが必要ですよね。

それ以来、お互いが編んでいるものを見せ合うときにわざと大げさに

「見せていただいていいかしら?」 と質問することが何回かありました。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中