老後のために毛糸を買い集める

前回のポストにちょっと関係して...

「今のうちに毛糸を買っておかなくちゃ。」
「年金生活になったら毛糸を思うように買えないわ。」
「老後の楽しみのための毛糸を今のうちに集めておくのよ」

そんな声がたくさん聞こえてきます。アメリカの年金事情はなかなか複雑。日本のように退職金が出ることはまずないので、働いているうちに老後のためのお金を貯蓄しておきます。アメリカ政府のその辺りは考慮した税制をしいているのです。どのようにお金を活用して行くは個人個人。老後のためにと株で運用していた人たちがリーマンショックで老後の資金をほとんどなくしてしまい、途方に暮れたというニュースもたくさん聞かれました。そういう人たちは定年退職なんて夢の夢になってしまうんです。

老後、どういうことになるかわからないから、夫、自分なりが現役のうちに買っておきたい、という気持ちわかりますよね。

主人に言わせれば、毛糸を買うお金を運用して、そのお金で将来毛糸を買ったって同じじゃない。

しかしです、収入がなくなったときに、今と同じだけの金額の毛糸を買うことに主人が今と同じ表情で「買えば?」と言ってくれるかはわかりません。それは精神的な部分で「もったいない」という気持ちが働くのも仕方がないでしょうし。イヤな顔をされるかもしれないし、「やめておけば」と言われるかもしれない。

ま、そんなところで、みんな、毛糸を買い集めるんです。

いや、これ、切実な話ですよ。笑っていられません。まさか、子供のところに毎月、

「毛糸買うからお小遣いちょうだい」と行くのははばかられますもの。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

老後のために毛糸を買い集める」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。いつも、楽しく拝見しています。私は、冬場仕事の合間にちょこちょこと小物を編む程度の編み手ですが、編み物もワンコも大好きなのでワクワクして読ませて貰っています(^^)

    1番好きなのは編み物仲間の方々とのやりとりです。私は1人で編んでいますので、賑やかで、鮮やかなやりとりに憧れます。私の友人には編み物をする人はいませんし、母も全く編みません。一緒に編み編み、良いですね!
    手編みのものをプレゼントするのも好きです。市販の物にはない愛情がその方を暖める気がします。といっても、私の場合は身内くらいです。技術的な問題で。。

    1つ質問をさせて頂いても良いでしょうか?アメリカの方はいわゆる、アメリカ編みなのでしょうか?日本では、もちろんコンチネンタル式が主流です。私は独学だったこともあり、右手に糸をかけ編んでいます。左手は主に編む目を送ったり右手の針を運ぶのを手伝うように動きます。(一応コンチネンタル式もできますが、裏編みなどつい持ち替えてしまう。。)これが、ものすごくコンプレックスです。アメリカの皆様は、アメリカ式?で編んでらっしゃるのでしょうか?(だったら勇気?がでます)やはり、コンチネンタル式の方が早いと皆様コンチネンタル式なのでしょうか?
    もし、よろしければお答え頂けたらと思い書き込みさせて頂きます(^.^)

    • 初めまして。コメントありがとうございます。
      とてもステキなコメントでしたので、記事にしちゃいました。いろいろな編み方があってよいじゃないですか。

      アメリカ編みで大丈夫。自分でなれている編み方が一番ですもの。

      編み物は孤独な作業になってしまいますよね。編み物仲間が見つかるのには時間がかかりました。ラッキーだったのかもしれません、今の仲間に会えて。「編んでみたいなぁ」と思っている人、けっこう身近にいらっしゃるかもしれませんよ。
      今、何を編んでいるのですか?

      • さっそくのお返事&記事、ありがとうございます。感激しちゃいました!!

        私の編み方では左手で糸をかけないので、正確にはイングリッシュ式ではないのかもしれませんね。右手で糸をはった状態でテンションをコントロールしています。(糸によっては、右手の小指にも巻きつけます。調べたところ、YouTubeのKnitting Faster: Throwingの編み方に近い編み方です)

        ちなみに、二色の毛糸を使って色を変えつつ編む時には、右手と左手、両方の人差し指に糸をはり編んでいます。(我流ですがスムーズです、他の方の編み方は分からないです、これが普通なのかも?)

        最近では、Stephen Westさんの作品を編ませて貰っています。Windschief、帽子と首巻き?をいくつか編みました。今は、ヤクの毛糸で、Boneyard Shawlを編んでいます。わりと毛糸が細いので中々大きくなりません。。

        イングリッシュ式でも、良いんですね!!自信をもって、ちょこちょこ編み進みます。

        お返事、本当にありがとうございました。(^^)

      • 私のまわりの人たちは言います。
        「別に編み物おまわりさんが見張っているわけじゃなし、自分が編みやすいのが一番」と。

        楽しく編めるのが大切なんですよね。Stephen West さんのGlacier Sweepsをぜひ、編んでください。とってもステキなショールですよ。サイズもなかなか大きめで暖かいです。
        いろいろ、編みましょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中