ワンコにも腹巻き、靴が必要です。

私はあまりワンコたちをドレスアップするのは好きじゃないんです。というのもきっと飼っているワンコがラブラドールですからね.彼女にはセーターはあまり似合いません。小さいワンコたちはかわいらしく見えるような衣装もマフィちゃんにはちょっと滑稽になってしまいます。

しかし、しかしです。この寒さの中、ワンコたちも腹巻きが必要なことがわかりました。寒さよけももちろんあるのでしょうが、それだけではありません。雪が降ると大量の塩、融雪剤がまかれます。それがワンコたちのおなかのまわりの毛、そして足の裏に取り付いたままだと皮膚が荒れてしまうんです。だから、散歩から帰ったらたとえあまり汚れていないようでも、水で濡らしたタオルなどで拭いてあげないといけません。足の裏もていねいに拭き取るように戦います。

あの人の足の裏を見てみたらやはり赤くなっていました。これはいけない。痛いとなめてしまうのでさらに荒れてしまうこともありますしね。

そして、これだけの極寒だとちょっと歩いただけでも凍傷にかかってしまうことも。今はマイナス2度くらいなのでそれほどではありませんが、日曜の夜から月曜にかけてマイナス20度まで気温が落ちると言いますから、そんなときには散歩に行くことも避けようと思います。バックヤードでボールを追いかけられるのでマフィンは恵まれていますが、それでも気温、彼女の様子でそういう運動も控えめにしないといけません。

IMG_6182 copy

仕方がない.セーターというか腹巻きというか編もうかしら? ただ輪っかに編んでしまおうか、それとも足が出るところをきちんと作ってあげようか今思案中。人間の古いTーシャツでもいいんですけれどねぇ。ここで要求をしている彼女の顔を見ていると編まないわけにはいきません。

前足の根元(?)の胸回りを測ったら(イヤそうにしていましたが)90センチありました。うーん。胸回りを測っていたらひっくり返って胸を張るので実寸より大きいかも。肩の骨からしっぽの付け根までは約95センチあります。腰のまわりを測りたいのですがいやそうにしているのであとにします。

なに、私に何をしようというの?

なに、私に何をしようというの?

いやだわ。

いやだわ。

ニュースでも、ペットを外に放置することの危険性を繰り返し繰り返し流しています。わらをしいた犬小屋を無料で配っている人たちもいます。どんなに毛皮を着ているからといって彼らだってこの極寒の中、家の中に入りたいですよね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

ワンコにも腹巻き、靴が必要です。」への2件のフィードバック

  1. 私達も洋服を着せる派ではないのです…同じくラブラドールですから…でもやはりシニア犬になってキルト体温調節があまり出来ないとの事で、マイナスになる時や、長い間コンクリートの外に寝そべっていなくちゃならない時等には着せる事にしました。
    私もこのお正月ホリデーが終わったらカウチンセーターを我が家のガールズ達にオーダーして編んで頂く手はずをつけています。
    マフィンにはどんな物を編まれるんですか? ぜひ、ブログでアップして下さい。見てみたいです〜。

    • なんておしゃれ! カウチンセーターですか? いいですねぇ。何色ですか? マフィちゃんにはどういうセーターを編もうか悩み中です。ボタンをつけた方いいかしらとかいろいろ。
      今も、私の横にぴったりくっついていびきをかきながらねています。:)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中