リビングルームはサンタの工房

「サンタクロースの工房」といったら、何となく聞こえはいいけれど実はただ、テーブルの上やらソファの上に毛糸やら編みかけのものが散らかっているだけ… なんです。一つのものを編んでいて飽きたら次のものを編んで、という感じでいくつかをくるくる回しながら編んでいます。

今は、えーと、袖を編まなくてはならないセーター。形が気に入らなくて少しほどいて最後の始末をしようとしているポンチョ。友人がとても欲しくてたまらないショール、それからカーディガンの前見頃が並んでいます。あ、肩の部分をはごうと思っているベストもありました。こうなると、毛糸針やら毛糸のボール、はさみ、目数リングなども場をにぎやかにしてくれます。これ、みんなクリスマスプレゼントです。間に合うかしら? 寝る時間を減らさないとダメかも…

クリスマス前だから仕方がない! という理由はあまり説得力がありません。だって、ここのところずっとそうなんですもの。寒い気候が大きな原因なのかしら。つい寒いものだからいろいろなものが編みたくなって気が散るんです。<ーこれも言い訳。

主人に言われました。「在庫倒産しないように」と。

そうは言われても、別に売っているわけじゃないし…

暗に私が買い込んでいる毛糸のことを言っているようです。知らないふりをしよう。

でも、いろいろな色の毛糸があちらこちらに並んでいる部屋って私は好きです。毛糸の色の鮮やかさが気持ちを明るくしてくれます。そして、一つの作品が針から外れて形になって、それを身につけてくれるであろう人々の表情を想像すると、もっともっと幸せな気持ちに慣れるんです。「包んでリボンをかけて」ほら、華やかな気分になれるでしょう? 

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

リビングルームはサンタの工房」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中