編んだのに、間違えているじゃないの〜

「編み物会」というものの、多くの人は手よりも口がたくさん動きます。いやぁ、人の話を聞けない人があまりに多くて笑っちゃいますよ。面白い話、悲しい話、はぁ〜と思うような話、いろいろです。

意識がおしゃべりの方にそれると自然におろそかになるのが「手」ですよね。それでも長年編み物をしているもの悲しい習性というかなぜか編み続けようとがんばります。ちょっと手を休めればいいのですが、そのように何もしないでおしゃべりするのが苦手なのだろうと思います。

そう、編み物会に持っていくプロジェクトはシンプルでなくてはいけません。考えずに編めるもの。’mindless knitting’ ‘TV knitting’ と呼ばれ、何も考えずにただ手が動いていればいいだけのもの。

昨日はご主人に編んでいるカーディガンを持って来たキキ。急に表情が曇ったと思ったら必死こいて目数を数えているではありませんか。そしてため息。

「やっぱりだめだわ。こんなもの持ってこなければよかった。間違えちゃった。ほどかなくちゃ」

隣にすわっていたサッシーが、

「むずかしいパターンはだめよ。私もね、ショールの増やし目くらい大丈夫だろうと思ったのよ。先週。ところが、家に帰ってみてみたら、右に向って目が増えていかなくてはいけないはずのところが左に目が増えているじゃないの。それも一カ所じゃないのよ。向きがあっちいったり、こっちいったり。結局、ここで編んだ段を全部ほどくはめになったわ。」<ーそういいながらも、今日もショール持っていたんですよねぇ。増やし目は大丈夫だったのか、ちょっと心配しています。

「あなたは何を編んでいるの?」と聞かれた私は

「長方形」
「? 長方形?」
「そう、長方形を編んで、半分におって一カ所縫えばポンチョになるのよ。長方形はさすがに間違えないで編めるもの」
「それ以上シンプルなものはないわね。パターン見せて。あら、ステキ。私も編もうかしら」

せっかく編みに来ているのだから成果がなかったぁなんて悲しいですもの、ね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中