もっと早いうちに編めば良かった、リネンのストール

友人が編んだリネンのストールがあまりにステキだったので、それでは私も、と取りかかりました。パターンはL.1 というわけのわからない名前.Antonia Shanklandとう方のデザインで、使用する糸はSHIBUI linen です。

彼女とは微妙に色を変えて編んでいます。端っこの数段だけ編む色は彼女にお願いして少しいただきました。

「あ〜、もっと夏の初めに編めばすごく活躍しただろうなぁ、このストール」と悔しくて。

秋の初めにももちろんまとえるストールなので、よろしかったら編んでみませんか?

メリヤス編みだけですし、編み物があまり得意ではない方でもゆっくり来年の夏を目標に編むのはどうでしょう?
ご主人やボーイフレンドにもピッタリかも。巻き方に気を配ってもらわないといけないけど...

何の変哲もないのですが、色の選び方によって全然違うものができあがります

何の変哲もないのですが、色の選び方によって全然違うものができあがります

このように色を変えていくのでそのたびに端の始末をするのがとても面倒くさいですよね。でも、これはメリヤスですからかならず端っこが丸まります。その丸まりを利用して(?)私は切らずに糸を絡めながら端を伝わせていっています。オリーブグリーンはなかなか登場しないのでさすがに連れていきませんが。

私が選んだ色はolive, ash, apple です。そして、端っこの色は何色だっけ? いただきものなのでごめんなさい。わかりません。

思ったよりおもしろい色でした

思ったよりおもしろい色でした

もし、几帳面な方で私はそんな事はできないわ!と思われるのであれば次の点にご注意くださいね。

まず、糸を変えてもすぐに今まで使っていた色の糸を切らずに数段編み続けてください。
そして、もし、このShibui Linenを使われるのであれば、これはほどけやすいので、新しい色で数段編んだら前の糸を切って、始末します。ちょっと長めに糸を切り始末した後の端っこを固結びで結んでください。こうしておく事でちゃんと始末した糸と、忘れている糸の区別がつきます。そして、ブロックしたあとに結び目を全部切り落とすんです。

面倒くさいですが、こうすればほどける心配なく始末ができます。そうはいってもときどき始末した糸とか出てきてイヤな想いしますよね.と、つい私は簡単な方法をえらんでしまうのですよ。うふふ。

長方形なので長さも幅も変え放題です。糸だってリネンである必要もありませんよね。モヘアで編めばこれから活躍しますよ。いかがでしょう?

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中