毛玉ができてしまったアランのセーター

今朝は気温がマイナス10度。昼間もマイナス5度くらいまでしか上がらないという天気予報にブルってしまった私は20年以上前に編んだセーターを持ち出しました。とっても暖かくて今日のような日にはぴったりなのですが、さすがに毛玉がたくさんでてしまっているんです。家で来ている分にはま、いいか。「暖かさ」という点では120%の「暖かさ」をくれますし、年令を考えたら文句は言えませんものね。

IMG_4258

何度も何度もクリーニングに出されたりで模様もかなりペッチャンコになっていますが、これはいつまでも手元からはなせそうにありません。

日本の毛糸の方がアメリカの毛糸に比べて太さもあるし、暖かさを求めるなら日本の毛糸の方が適しているかもしれません。こちらでworsted, bulkyと呼ばれる毛糸はよりが甘過ぎたり、今度は太すぎてロープのように感じられるものが多いような気がします。もっとも、損判断を下せるほどたくさん編んでいるわけでもないのですが。

IMG_4259

写真が曲がってしまいました。すごくどっしりと重みがあるセーターです。私、しっかりしたセーターって大好きなんです。さむがりですしね。だからアイスランディックのセーターとかアランセーターが好きなのかもしれません。

いや、それにしてもこの毛玉の多さはなんとかしなくてはいけません。昔、母が握りばさみ(なんと懐かしい響き!)でセーターの毛玉を取っていたの覚えています。そういえば、おばあちゃんもやっていたかも。アハハ、親子3代で同じ動作をくり返すなんて。

新年に立てた誓いは破りそうです、というより破らないと何も編まない日が続いてしまうんですよ。<ーいいわけです。編まない日が続くなんて、健康によくないですよ。そう思いません? 主人のセーターも終わったし、私のカーディガンも終わったし、ロックフェラーもとっくに終わっているから、これでよいことにして新しい何かを編み出そうと思います。ショールを編みたいんですよね。何枚持っていても重宝するのがショール。さて、どれを編もうかしら?

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中