久しぶりにカウルを編みました。パターンはWillow Cowl

クリスマスにむけて帽子ばかり編んでいたので、ちょっと食傷気味。そこで久しぶりにカウルを編むことにしました。パターンは前から編みたかったWillow Cowl. Ravelryに行くとフリーパターンで手に入ります。Amelia Lyon という人のパターンです。

それにしてもカウルといってもいろいろな形があるものですね。

Willow Cowl は裾が広く、あごに下に向かって細くなっていくというちょっと気が利いたカウルなんですよ。

くしゃっとするとこんな感じ

くしゃっとするとこんな感じ

のばすとこんな感じ

のばすとこんな感じ

裾の直径が約35センチ。そして上の直径が約23センチ。長さはのばして約38センチでした。表メリヤス編みとレースのパターンの繰り返しで編みます。そして、このパターンのさらにおもしろいのは裾です。

ピコットエッジングをしています

ピコットエッジングをしています

ピコットエッジングは、まず、表メリヤスを8段編んで、次の段で(掛け目、左目2目一度)をくり返し、さらに表メリヤスを6段編んで、(   )の段で折り曲げます。折り曲げたら、最初に編んだ表メリヤスの目を拾いながら、今編んでいる針にかかっている目と引き抜き編みをしながらくっつけます。ただ、気をつけて目を拾っていかないと、最後に来たときにどちらかの目があまってしまった〜、なんてことになりかねません。私はまち針を打って合わせながら引き抜いていきました。

あ、使った毛糸を書くの忘れていました。Madelinetosh merino lightで色はGrenadine です。ほとんど1かせ使い切りました。レースパターンの段は5回繰り返すことができました。針はアメリカの4号、3.5ミリです。むずかしいパターンではないのですが、レースパターンのときに針が滑って目を落としそうになってしまいました。

首にかけるとこのようにレースのパターンがでます。

首にかけるとこのようにレースのパターンがでます。

上に行くにつれて目を減らしていくので、首が温かいのでは、と期待しています。

日本はもう大晦日ですね。今年一年、読んでいただいて本当にありがとうございました。また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。いろいろな毛糸を使ってステキなパターンを編んでいきたいと思います。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

久しぶりにカウルを編みました。パターンはWillow Cowl」への2件のフィードバック

  1. 来年も楽しみに拝見させて頂きます\(^_^)/
    良いお正月をお迎え下さい(⌒‐⌒)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中