針の太さを変えるとこれだけ違う

同じ毛糸を違うサイズの針で編んでみました。サイズ1(2.25mm)とサイズ2(2.75mm)を使いました。

ピンクのソックスが2号針、青いソックスが1号針です。見るからにサイズが異なりますよね。

毛糸はClassic Elite Alpaca Soxです。帯を見るとサイズ2号のゲージが書かれています(ちなみに10センチを32目です)私もサイズ2で編み出したのですが、どうも出来上がりのソックスがゆるゆるしてしまいました。主人のために編んでいたのですが、脱げてしまわないことを願います。アルパカ100%の毛糸です。柔らかくてとにかく暖かい。

ジーンズをめくり上げてもらいました。染めがおもしろい感じの毛糸です。

彼には既にソックスを3足編んでいるのですが、「もったいない」とかいってなかなかはいてくれないんですよ。「破けたら大変だ」とかね。その気持ちはありがたいのですが、はくために編んでいるので、ぜひはいていただきたい、と常々思っております。ハイ.

毛糸のソックスって本当に暖かいんですよ。これは、はいてみないとわかりませんよ〜

同じ目数56で、今度は青いソックスを1号針で編みました。サイズが一つ違って5ミリも変わるのですから、出来上がりのサイズに差ができて当然ですよね。それに、ピンクの毛糸での経験があったので、きつめに編みました。だから、形はしっかり出来上がり私はニコニコしています。あまりきつめで血流が悪くなってしまったら困りますけれどね。

模様はそれほどつけませんでした。5目表x2目(裏)のリブです。いろいろなソックスを編みましたが、足にしっくりくるソックスができ上がる可能性はそうですねぇ 40%くらいかな。滑り落ちてきたり、甲の部分が緩すぎたり、何ていうか、ぴったりのソックスが作り上げるのはむずかしい。。。 毛糸はもちろん、針のサイズ、模様、いろいろな要素が絡まりますから、その中の何か一つを違うもので編んでみると出来上がりは変わってきます。ゲージが同じだからといって同じようなソックスができ上がるとは限らない。。。 奥が深いなぁ。

これからの季節、毛糸のソックスは足だけでなく心も温めてくれます。ぜひ、1足、ぽかぽかした気持ちとともにご両親、おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしてください。私からのお願いでーす。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

針の太さを変えるとこれだけ違う」への2件のフィードバック

  1. ご主人の「もったいない」と思うお気持ち、よ~くわかります。
    手編みのソックスって本当に特別で格別!ですもの。
    uguisumochiさんですら40%ぐらいの確率!!!
    前にこちらで紹介されていた靴下の編み方を参考に
    うちのダーリンに靴下を編みたいと思っていますが、
    ダーリンの足は幅広4Eサイズ。こりゃかなり頭を使って
    編まないと履けない靴下になっちゃうかも!?

    • 日本人の足は幅が広いですよね。でも、幅広く作りすぎるとずるずる落ちてきてしまいますから、あまり気にしない方がいいかも。
      ソックスは、小さいし、編み始めるとちゃっちゃか進むし、これ、またはまること請け合います。そしてね、はまると、今度は、段染めの毛糸とかすごく欲しくなるんですよ。ますます編み物の魔力に取り憑かれますよぉ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中