7色の毛糸を使って、スカロップ模様の膝掛けを編んでいます

時差ぼけの頭を叱咤激励して、膝掛けを編みはじめました。だって、寒いんですもの。家全体を暖めるためにはかなりの温度に設定しなくてはなりません。でも、それはエネルギーを浪費することですよね。これはノーノー。だから、膝掛けなどで寒さと戦うようにしています。そのうちに、こたつも登場させなくては。

そこで、思い出したのが、昔買った7色の毛糸で作る膝掛け。これはキットで購入したんです。いったい、いつのことだったかしら? 確か、4、5年前。色の順序などが書いてあるレシピもいっしょにあって、「あ〜、よかった」とほっと一息。でも、編んでみたら、別に決められた通りに編む必要はないな、と改めて実感。サイズさえ自分が作りたいものであれば、それでいいんです。

8玉ありますが、一番右にある二つが同じ色なんです。
左上から、右に向かって、A, B, C….H と、名前がついています

同じような質感の毛糸が隣同士に来ないようにすれば、おもしろい地模様が見えてきます。

やっと最初の糸で数段編みました

スカロップというパターンで編んでいます。

スカロップ模様は、たいてい、

1段目:*左上2目一度を3回、(掛け目、表目)x5、掛け目を1度、左上2目一度を3回* をくり返し
2段目: 裏編み
3段目: 表編み
4段目: 裏編み

あとは、両側にガーター編みを何目編みたいか、自分で決めるだけ。1段目の*の間の目を数えると、17目あります。ということで、17の倍数+両端のガーター編みの目数を作り目して編んでくださいね。

それぞれの毛糸の質感が違うので、おもしろい地模様ができあがります。

最後にフリンジを両側につけて出来上がりです。膝掛けが一枚、膝の上にのっているだけでとっても暖かい。うふふ。よろしかった、家にあるあまっている毛糸を寄せ集めて作ってみたらどうでしょう? 何もキットを買う必要はないな、と今思っています。ただ、暖かそうな毛糸を選ぶのがいいかも、というのは見た目とか触り心地が暖かい方がやっぱりいいでしょう?

そうそう、使ったパターンは ‘The Absolutely Fabulous Throw Kit’ by Colinette です。いろいろな色がありましたが、そのときはこの色、Sorbet にしました。針は8ミリです。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中