今日は,ナショナルアルパカデー

いったい誰が作ったのか,今日は「ナショナルアルパカデー」でした。
だから,何をするか,と言われても私もよくわからなかったのですが、アルパカ農場が一般公開し(前もって電話をすれば見せてもらえるのですが)、地ビールの飲み放題,そしてバーベキュー(ホットドッグだけですが)にクッキー,チーズ、野菜などの軽い食事の食べ放題があるというので,主人と出かけてきました。

なんとかわいい、アルパカたちが走っているではありませんか。

待って〜。どうして,走っているのかしら?

アルパカたちは私たちの背丈くらいあるフェンスの中にいます。一番上には電気が通っているテープがはってあります。アルパカがフェンスを飛び越えることはほとんどないけれど,まったくの可能性がないわけでもないし,夜になると,コヨーテがアルパカを狙って出てくることもあるんですって。コヨーテがいるなんて,とっても人里離れたところのように聞こえますが、そうでもありません。もしかしたら,うちの近所にもコヨーテ、いるかしら? マフィちゃんが教われないようにしなくちゃ。なぁんて、まずないだろうな。

昼間は寝ているから怠け者に見えるけれど,夜は寝ずの番。アルパカたちをコヨーテからまもるのよ。

リンダと,夜働く,ピレネー犬のツーショット

フェンスの中にも入れてもらいました。アルパカたちはオス,メス,と別々の場所に入れられています。シーズンになると,いっしょの場所に移します。そうしないと,メスをめぐってオスたちがけんかをしたり,やはりちょっとした小競り合いがあるそうです。

お母さんといっしょ?

羊さんがくれるウールにはアレルギーがある人がかなりいるそうですが,アルパカさんがくれる毛糸へのアレルギーは少ないそうです。どうしてなのだろう? また,白いアルパカの方が毛糸が細く,光沢もあり,美しい毛糸がとれることが多いのだそうです。1年に1度,アルパカたちは毛を刈ってもらいます。1頭のアルパカから,約2キロの毛糸がとれます。

前の毛,切らないとちょっとうっとうしい。

集合写真よ〜.集まって〜.わいわい。

普段は会社員をしているというご主人がとても親切にいろいろと教えてくれました。

名前を忘れてしまった。でも,とってもていねいにいろいろアルパカについておしえてくれました。

アルパカは偶蹄目 らしい。爪が2本。

歯を見せたくないの〜。磨いていないのよ〜

黒いアルパカは珍しいんですって。とっても人なつこくって柔らかい毛並みをした2歳の女の子でした。彼女からとれた毛糸でセーターを編んだら,きっととても軽くて柔らかくて,暖かいセーターができるのだろうなぁと、よだれが出そうになりながら見つめていた私でした。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

今日は,ナショナルアルパカデー」への6件のフィードバック

  1. 黒いアルパカって初めて見ました!白い毛のお母さんから
    黒い毛の子供が生まれるということでしょうか?
    可愛いアルパカちゃんたちのお写真を見ていると、
    アルパカの毛糸が欲しくなりました~♪

    • アルパカの毛糸,とっても柔らかくていいですよ。ぜひ,購入の上、編んでみてください。さわり心地が良くて,とっても暖かいの。膝の上に乗せていると,ぽかぽかしてきます。

  2. アルパカが群れで走っているところを初めて見ました!
    私もアルパカの毛糸を買ってきて、自分用のセーターを編もうかなあ?

    • ぜひ,編んでください。アルパカさんたちがいっしょうけんめい(?),毛を私たちに供給してくれるのですから,需要の方も力を入れなくてはなりません(笑)。アルパカの毛糸は軽いし,とっても暖かいんです。これからの季節、離せなくなること請け負います。(まるでアルパカ代表のPRのようです)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中