ママの編み物は趣味ではなくて「娯楽」

友人がお嬢さんにスカートを編んでいます。まだまだ,先が長そうですが,彼女の頭の中は次に何を編んであげようか、でいっぱい。そりゃそうですよね.編み物好きは1歩も2歩も先を読みますもの。

遠くに住むお嬢さんと電話で話しながら、まだ完成遠いスカートを振りかざして(見えないんですけれどね),お嬢さんに聞いたそうです。

「次は何が欲しい? スカーフ? 何色がいいの?」

すると,お嬢さんは冷静に、

「ママ,とりあえず早くスカート仕上げてくれる? 夏にでき上がる約束じゃなかったの?」 と切り込みました。

彼女は

「これは,私の仕事ではなくて趣味だから,ゆっくり楽しみたいのよ。」

お嬢さん、

「趣味じゃなくて,娯楽でしょ。」

む,痛い一言。娯楽と趣味,どこで1線を引いたら良いのだろう。

趣味,と言うとなぜか聞こえがいいけれど,娯楽と言われると,後ろめたさがないわけじゃない。この微妙な言葉の選び方。

我が家は男の子が二人なので,あまりそういうことは言わない,というよりあまり興味がないみたい。自分の好みのスカーフやらカウルが届けば嬉しいし,色が気にくわないとブツブツいうくらい。反応があるだけ嬉しいと思うようにしているのですよ。

人になんといわれようと,私は編み続けるぞ!

これから,近所のレストランで編み物好きが集まって食事をします。おしゃべりをしながら編んでも間違えないもの.あまり場所を取らないもの,と考えて,新たに作品を作ることにしました。次から次へと作りたいものが浮かぶので,苦労はしませんが,どの毛糸にしようかはなかなか一大事。この毛糸は取っておきたい,とか,このパターンには合うかしら? とか,一人で悩みます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中