アメリカでの飛行機の旅

国土がだだっ広いアメリカですからちょっとそこまで,という旅行でも空の旅がほとんど。空港は朝も早くからビジネス客たちで大にぎわい。

9/11以来,セキュリティーが厳しくなっているので,空港によってはセキュリティーラインが1時間待ちなんてこともざらですし,旅慣れない人たちは,何をどうして良いのかわからずオロオロ戸惑っている光景を目にします。

数年前に,新聞にこんな記事がありました。

「飛行機に乗るときには,ディズニーランドで暑い日に乗り物待ちをしている洋装が一番正しい」と。

日本のディズニーランドではありませんよ。アメリカのディズニーランドです。要するに短パンにTシャツ,そしてサンダル履き問いうい立ってカジュアルな服でいく、ということです。ふわふわしているものを着るとその下に何かを隠しているのではないかとパッティングされます。カーディガン、ショールなどはすべて外してトレーに載せなくてはならないので,ステキな格好をしているとセキュリティーで時間がかかります。

私はこの間、頭の上に載せている眼鏡に文句を言われました.初めてでした。今までそれで何度も乗っているんですけれどね。さらに,「そのポニーテールでひっかかったのよ」と言われたことも。ただゴムでひとまとめにしていただけですが,それもダメなようで,今日は髪の毛は下ろして,眼鏡もしまってセキュリティーを通過しました。

「安い」ことに価値を必要以上の重きを置いている今,チケットを安くする分,積み込む荷物のための料金,座りたい席を選ぶためには別料金、などなど,付加料金をつけています。

別料金を払いたくないだけではなく,到着先で荷物をとるのにかかるよけいな時間、なくなる可能性などの理由から,できるだけ荷物を持ち込もうという旅客たちでいっぱい。そりゃ,誰でも,無駄なお金は払いたくないのですが,とても入りそうにないスーツケースを拳で殴りながら頭の上の荷物置き場に押し込もうとする人たち,他の人の荷物を無理にでも積み上げたり,横に押しやり自分の荷物を置く場所を作ろうとする人たち,小さい荷物が入っているのを見つけて「これ,誰の? 席の下に入れてくれない?」とお願いをする人たちなどなど,飛行機の中は大騒ぎ。戦争ですよ,あの騒ぎは。

オンタイムに離陸できないのはここに大きい原因があるんです。飛行機も定時に来て,いつもより早く乗客が乗りはじめても,通路の途中で荷物と格闘している人たちで時間がかかり飛行機が飛べません。するとコネクションを逃す人が出てきて,乗客はまた不満を持ちます。それなら,荷物を軽くするか,宅急便のようなもので前もって送るか(いや,ダメだ,料金がかかりますからね)、積み込むか(なくなるかもしれない)自分たちで努力すればいいのに,といつも思います。ムリを通せば道理が引っ込むんですよね。

チケットには、乗り込む順番の番号が書いてあります。昔は1番から4番くらいまでだったのに,国際線では今,8番まであるようです。早く乗り込まないと,荷物をのせる場所がなくなるので,人々はイライラドキドキ。自分の番号でもないのに,ゲートに押し寄せ,自分の番号が呼ばれたら一番に乗り込もうとがんばるんです。でも,そういう人たちが乗る通路をブロックしてしまうから,乗りたい人たちはまた,なかなか乗れず時間がよけいにかかります。自分の番号でもないのに,乗ろうとして戻される人もいない訳ではありません。殺気立っている人たちの様子は恐ろしい。。。

前もってこんなアナウンスもあります。

「このフライトは満席ですから,ボーディングパスの番号が7番以降の人はおそらく,荷物を載せる場所がないので,前もって機内に積み込んでください」と。そうはいってもねぇ。でも,ここで積み込みにすると料金はかからないので,これを狙っている人も少なくないとか。

いずれにしても,飛行機の旅はとにかくストレスがつきもの。これを頻繁にやっているアメリカのビジネスマンはすごい。私は電車の旅の方がずっといい。。。



ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

アメリカでの飛行機の旅」への2件のフィードバック

  1. 貨物に荷物が載せられないから機内に持ち込み、なんて場合もあるんですか(驚)。機内持ち込み荷物戦争がさらに深刻になりますね。本当に9・11からセキュリティーチェックがガラッと変わりましたよね。アメリカ入国のセキュリティーチェックの際、上着を脱いでゲートをくぐらなければなりませんでした。私は国際線の長いフライトを少しでも快適に過ごすために、上着の下はキャミソールだけ。さらにノーブラだったので「きゃ~。ハズカシ」状態。さらに靴も脱いでますから、まるで家で昼寝してたような服装でチェックを受けました。飛行機に乗る服装はセキュリティチェックの事も考えて選ばないと駄目な時代・・・
    手袋なんですが、ブロッキングはどうやってしていますか?靴下もそうですが、サイズの事もあるので、ショールみたいにぐいぐいのばしてブロッキングするのではないんだろうなと想像してます。水通しして平坦な状態で乾かすだけでも目の揃い方が綺麗になるものでしょうか?

    • キャー,ノーブラはちょっと、まずかったですね。まわりのおじさまたち、よだれものだったじゃないですか? 長時間,飛行機に乗るときは楽な格好でいきたいもの.しかし,セキュリティーやら,飛行機の中がやけに寒かったりすることを考えると,着るものにはいつも頭を痛めます。だから,私は,最近,ヨガ用のぴったりしたパンツをはいたりします。しかし,アメリカ内ではそれでよくても,日本に行くときにはそうはいかない。あの格好で東京は歩けんぞ。年を考えなくては,とまたまた悩み続けるんです。

      手袋のブロッキングですか? 質問する相手を間違えていますよ(爆笑) 行き当たりばったりです。というか,レースのショールとはまた,用途が違うでしょう? はめて「暖かければ良い」をモットーにしているので,ほとんどブロッキングしません。もっとも,おしゃれ用なレースの手袋ならしないとダメですね。いつだったか,ガーゼを丸めて間に入れて,適度にオープン模様を開くようにブロッキングをした覚えがあります。ガーゼが余分な水分を吸い取ってくれますし,丸みが出せますから。ごめんなさいね。ちゃんとした答えになっていなくて。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中