シンプルなレースパターン、Vine Laceを使ってストールを編みましょう。

muffin 6/15/2012

ケンネルから帰ってきたら,疲れが出たみたい

編み物に限らず,何でも,初心者のときがあり,いろいろ経験を積んで難しいことができるようになりますよね。

棒針編みを始めたばかりの方は,三角形のショールよりも,まず,長方形のマフラーを編むことをおススメします。

表編み,裏編みができたら,いろいろなパターンが編めますよ。

まずはゴム編みのマフラー。毛糸の太さにもよりますが,表2目、裏2目のゴム編みで編むのであれば、4の倍数+2目(最後も表目2目で終わらせたいですから)作り目をして、表側は表2目、裏2目を繰り返し,表2目で終わらせますよね。裏側は裏2目、表2目、を繰り返し,最後は裏2目で終わります。いってみれば,表編みで編んだ目を裏から見ると裏編みで編んだ目なんです。だから,表編み、裏編みというのでしょうね。

ここに,掛け目が入ると,透かし模様のステキなショールが編めます。とてもシンプルなVine Lace pattern を紹介します。

vine lace pattern

9目繰り返しです

横幅が30センチのマフラーが編みたいとしますよね。使いたい毛糸のゲージが10センチ20目としましょうか。30センチだと60目。60に近い9の倍数は54か63。しかし,両端に3目ずつのガーター編みを入れたい,と考えると,54にすればぴったり60目になりますよね。もう少し細くしたかったら,45+6=51とかにも変更可能です。ガーター編みも2目ずつにするのももちろんオーケー。ガーター編みにする理由は,メリヤス編みだと両端が丸まってしまうからなんです。

あとはパターンにそって編むだけです。
両端のガーター編みは表の面でも裏の面でも常に表編み。<ー忘れないでくださいねぇ〜。

また,奇数段は,両端をのぞいてすべて裏編み。

偶数段の説明に行きましょう。9目のリピートですから,そこに目数リングをうつことをおススメします。

2段目:両端の目を表編みで編んだら、目数リング、(掛け目1目、表2目、右上2目一度、左上2目一度、表2目、掛け目1目、表1目、目数リング。)これを繰り返し,両端の目数だけ表編み。



stitch marker

表2目の次は目数リングです




掛け目

目数リングを動かしたら,次は掛け目です




掛け目の次は表2目

掛け目の次は表2目です

右上2目一度

次は右上2目一度です。次の目を編まずに左の針に移します

Vine Lace pattern

次の目を表編みします

Vine Lace pattern

さっき,編まないで左の針に移した目を,表編みした目の上にかぶせようと,下から拾っています

左上2目一度

左上2目一度は2目を一度に編みます。下から右の針を2目に入れています。また1目減りました

と,こんな感じで編み続けます

4段目:両端の目を表編みで編んだら、目数リング、(表1目、掛け目1目、表2目、右上2目一度、左上2目一度、表2目、掛け目1目、目数リング)これを繰り返し,両端の目数だけ表編み。

9目のパターンの中では掛け目を2回していますから,2目増えます。しかし,右上2目一度、左上2目一度をすることでそれぞれ1目ずつ、合計2目減るので、足し引きゼロで9目はかわりません。

この4段を繰り返していくととてもステキな透かし編みのショールができ上がります。

わからなくなったとき

シンプルなパターンですが、次が2段目なのか4段目なのかわからなくなることがあります

上の写真を見ていただくと,目数リングの左となりの目の下が丸く穴のようになっているのがわかりますよね。これは,前の段で掛け目をしたからなんですよ。と,いうことはさっき2段目を編んだということ。だから次は4段目を編まなくちゃ。

どうでしょうか? とてもシンプルなパターンなのですが,編む毛糸を光沢があるシルクを使ったり,冬ならモヘアを使うことでまったく質感が異なるマフラーができますよ。ちょっと贅沢にビーズがついている糸で編んだらとってもステキなストールができあがりそう。



ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

シンプルなレースパターン、Vine Laceを使ってストールを編みましょう。」への9件のフィードバック

  1. 真っ直ぐは色々つくりました
    まずは細い糸と棒に慣れないといけませんね

  2. さっそくありがとうございます。目数リングの使い方も
    教えていただいたので、がんばってみようと思います。

    • がんばってくださーい。毛糸は決まりましたか?
      また,途中経過など,ご報告くださいね。楽しみに待ってまーす。

      • おかげ様でただいま3玉目です^^
        間違えたところも多々ありまして、お見せできませんが
        順調に進んでいるので、ご報告でした~
        できたらまた、次もショールを編もうと思います。

      • こんにちは。がんばっていますねぇ。間違えなんて,遠くから見たらわかりません。だめですか? そういういい加減なの。見せてくださいよぉ〜。そのうちにね,ごまかしが得意になります。うふふ。次に編むパターンはもう決めました? たくさんあって悩んでしまいますよね。

  3. 先日こちらでアップしていただいたMalabrigoのsock yarnで編んだLavaletteのショールを北海道に住む主人の祖母に贈りました。祖母は「細い毛糸はちくちくするけど、これはそうじゃない。重宝している。」と言ってくれてます。私はMalabrigoのsock yarnはつるつるしていて編みづらいからもう使わないかも、なんて思ったんですが、人にプレゼントするために編むときに「肌触りが良い糸」というのも考えて作品を編むもの大切なんだなと思いました。
    写真のマフィちゃん「甘え顔」してますね♪

    • こんにちは〜。いつも,コメント,本当にありがとうございます。
      よかったですね。喜んでいただけると,作った私たちの心がほっと暖かくなりますものね。北海道に住まれているなら,活躍していること間違いなし! 次は帽子かな? 膝掛け? なんてね。
      柔らかい毛糸でも,確かにちくちくしてかゆくなったりすることありますから,私も注意しようっと。つい,色で毛糸を選んでしまうと,そういうことに目がいかないときもありますものね。
      マフィちゃんはかわいいでしょう? なんて,親ばかです(笑)

  4. はじめまして。うぐいすもち様の書かれる文章が大好きです♪
    いつも大変丁寧に編み方を書いて頂いているのに、なんとなく三角ショールは敷居が高く編んだ事が無いのですが、今回「まっすぐならきっと編めるわ!」嬉しく思い編み始めました。
    まだ10㎝ほどしか編めていませんが、シンプルな編み方なのにとっても素敵ですね。
    これが仕上がったら、ずっと編んでみたかったLavaletteにチャレンジしたいと思います。
    いつも素敵なパターンの丁寧なご紹介、ありがとうございます。

    • こちらこそはじめまして。嬉しい言葉をありがとうございます。
      このパターン、とてもすてきでしょう? これはほんの一つの例ですから、ほかのレースのパターンも応用できますよ。また,折りをみてストールのパターンにしてみますね。
      ぜひ、Lavalette 編んでくださいね。難しそうに見えても,編み初めて見ると意外と簡単な場合もありますし,また、その逆である可能性もあります。でも,トライしてみないとわかりませんからね。チャレンジしてくださーい。
      途中経過も聞きたいですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中